肌荒れの原因

肌荒れの原因はどのようなことにあるのでしょうか。

ひとつは、皮膚の表面にある角質層の水分不足です。
また、それだけではなく、皮脂の不足も原因となります。
皮脂が不足することによって、肌の水分が蒸発しやすくなってしまいます。
女性の肌は、男性の肌に比べて皮脂が少なく、さらに20代の半ば過ぎくらいから減ってきます。

目の周りの肌が荒れやすいのも、皮脂腺がとても少ないからで于s。

肌荒れのもう一つの原因は、ホルモンも関係しています。
ホルモンによって、皮脂の分泌量が変わってきます。男性ホルモンが少なくなることにより、皮脂分泌が少なくなります。

男性も50代を過ぎると、肌荒れしてくることが多いようです。