食事と加齢

お肌によいといわれるビタミンCが沢山含まれている野菜やフルーツを毎日きちんと食べている方とそうでない方は、肌のツヤなどが、実際、違いますし、年取ってからのしみの多さなども明らかに違います。

そして、ビタミンCを長年きちんと多くとっていますと、お肌が健康的でかなり丈夫になるのも事実のようです。

コラーゲンがかなり多く含まれているという食品はかなり多く、手羽先、豚足、フカヒレ、ウナギ、トリの皮、あるいは、魚のアラなどがそうです。

これらの食品を多く食べるというようなことはお肌に大変よいようなことではありますが、さすがに毎日、十二分な量のコラーゲンを食品からだけ、実際、摂るとすれば、かなり膨大な量になってしまいます。

ですから食品からも摂り、あるいは、足りない分をサプリメントで補う感じのものがよい感じの方法です。

食事は自然のようなものでもありますし、毎日3度のようなことですから、できるだけ食事から摂るようなことを優先的に心がけたいもんです。

食事でアンチエイジング

和食はダイエットに適しているといわれていますが、アンチエイジングにも効果的です。
魚や大豆製品、野菜などをふんだんに使っているし、さらに味付けも他の料理に比べてあっさりして薄味です。

日本が長寿国ということからも、和食健康の維持や病気の予防に効果的妥当言うことが分かります。

また、日本と同じように長生きな人が多いコーカサス地方で食べられているヨーグルトもアンチエイジングに効果的といわれています。
高齢になるとかかりやすい動脈硬化や心臓病などの病気の予防にも適しています。
また、血液をさらさらにしてくれるネギやポリフェノールを含むワイン・緑茶などもアンチエイジングに効果的です。

食事は毎日することなので、食材や栄養などに配慮することで、自然と健康やアンチエイジングに気を遣うことになります。
カラダの環境を整えることで内側から若々しさを取り戻しましょう。

食事とアンチエイジング

アンチエイジングには、さまざまな方法がありますが、もっとも身近なものに、食事があります。
40歳を過ぎると、活性酸素を取り除いてくれる抗酸化酵素の働きが低下してくるので、疲れがたまったり、老化が進んだりしてきます。
これによって、カラダの機能が低下したり、カラダがだるくなったり、病気にまでなってしまうこともあります。
それを防ぐためには、ビタミンを多く含む食品を摂るように心がけます。

ビタミンEを多く含む食品は、ナッツ類、レバーや卵です。
ビタミンCを含む食品は、オレンジ、ブロッコリー、小松菜などがあります。

これらのビタミンを多く含む食事を摂取することで、活性酸素の働きを抑えることができます。

その他、アンチエイジングのために摂りたい栄養素としては、カキやさばなどに含まれるビタミンB2、たらこなどに含まれるナイアシンなどです。