PMSによる肌荒れ

生理前になると肌荒れするという女性がいます。
生理前になると肌荒れする原因には、月経前症候群(PMS)によるものがあげられます。

月経前症候群の症状は、肌荒れだけではなく、精神的に不安定になってイライラしたり、うつのような症状になったり、眠くなったり、頭痛がしたりという症状があげられます。
月経前症候群は、生理にともなう、周期的なホルモンの変化によるものだそうです。

生理前の肌荒れが、月経前症候群かどうかは、生理になると治まるかどうかによってわかります。

月経前症候群の症状を無くす薬は無いようですが、いくらか症状を和らげるサプリなどは販売されています。

肌荒れの場合、多少は、化粧品や、日ごろの食生活によって改善されるかもしれません。

もし、月経前症候群の症状であれば、お医者さんに相談してみるのもいいと思います。
>>生理前専用サプリ

生活習慣による肌荒れ

肌荒れの原因もいろいろありますが、ひとつには生活習慣によるものもあるようです。
自分が少し注意することによって、すぐにでも改善できることなので、試してみてはいかがでしょうか。

まず一つは睡眠不足です。
睡眠不足は、肌荒れや吹き出物が出たり、目の下にクマが出来たり、顔色がよくなかったりとさまざまな症状を引き起こします。

睡眠がきちんと取れないといったことも、日常の中ではあると思いますが、それを繰り返していると、お肌は知らないうちに疲れてきてしまいます。
できるだけ、12時前には寝るようにしたほうが、お肌のためにはいいようです。
また、タバコもお肌にはよくありません。若いときはあまり感じないかもしれませんが、歳を重ねるとやはりその差は大きくなります。
タバコを吸うことで、ビタミンを大量に消費してしまうし、煙によっても肌荒れを起こすこともあります。

肌荒れの原因

肌荒れの原因はどのようなことにあるのでしょうか。

ひとつは、皮膚の表面にある角質層の水分不足です。
また、それだけではなく、皮脂の不足も原因となります。
皮脂が不足することによって、肌の水分が蒸発しやすくなってしまいます。
女性の肌は、男性の肌に比べて皮脂が少なく、さらに20代の半ば過ぎくらいから減ってきます。

目の周りの肌が荒れやすいのも、皮脂腺がとても少ないからで于s。

肌荒れのもう一つの原因は、ホルモンも関係しています。
ホルモンによって、皮脂の分泌量が変わってきます。男性ホルモンが少なくなることにより、皮脂分泌が少なくなります。

男性も50代を過ぎると、肌荒れしてくることが多いようです。