縮毛矯正の種類

縮毛矯正はくせ毛などをまっすぐにする施術補方で、使う薬剤やアイロンなどを使いますが、美容院によって使うものは若干違うようです。
昔は種類が少なかったですが、最近はたくさんの種類があるようです。

たくさんあるといっても、作業工程にあまり差は無いようです。
差があるとすれば美容師の腕でしょうか?

美容師さんの技術次第では失敗もあるかもしれませんので、信用できる美容室や美容師を探すことが大事です。

今出ている縮毛矯正の種類は、Mr.ハビット、リペア、リシオ、リメイク、エフィカス、リューレント、ナプラなどです。

この中でどの種類がいいのかというのはあまり関係なく、どれも大差ないようです。
また、市販されている縮毛矯正剤を使って自分ですることもできます。
美容室でやるより値段も安く、気楽にできます。
ですが、仕上がりは美容室のようにとはいかないようです。しかも、どうしても傷んでしまうので、やっぱりキレイに仕上げたければ、美容室に行ったほうがいいようです。

縮毛矯正とは

縮毛というのはどのような髪を指すのかというと、髪の毛自体にくせがあり、全体にうねりがあって、それだけ見るとなにが大変なのかよくわからないと思いますが、縮毛の人は、いろいろと大変な思いをしています。
朝、髪の毛をセットしていても、自分のクセによって、なかなかヘアスタイルが決まらず、出かける時間に間に合わなくなったり、セットして出かけても、湿度やちょっとした雨によって、髪の毛のクセがよみがえり、ひろがったりして、それだけで仕事をするのもいやになったりするものです。

くせ毛の人はたいていは、ストレートヘアにあこがれていて、無理にクセを伸ばそうとしています。
でも、ちょっとしたことでクセが戻るので、苦労が水の泡です。

縮毛矯正は、そういったくせ毛をまっすぐにしてしまうもので、一度かけるとクセは戻ることはありません。
ですが、伸びてくると、自分のクセのある髪の毛が生えてきます。
なので、ある程度伸びたら、また縮毛矯正をかける必要があります。

毎日のイライラを考えると、さらさらのストレートで、セットする時間が少なくなるなら、クセに悩んでいる人なら、やはり一度は試してみたいと思うでしょう。

男性の縮毛矯正

縮毛矯正をするときの髪の毛の長さは、トップが最低10センチ、耳回りや襟足は最低1センチあれば施術が可能というところが多いようです。

最近は、男性も髪を伸ばす人が増え、そのため、自分のくせ毛に悩み、縮毛矯正をしている人も多いようです。
ですが、男性は女性に比べて頭皮が弱いので、頭皮が傷み、髪の毛が薄くなるのではと心配する人も多いようです。

そういう時は、美容師さんに相談して対応してもらうようにしましょう。

男性でも最近では抵抗なく縮毛矯正の施術できると思いますので、気になっている人は、美容師さんなどに相談してみてはいかがでしょうか?

縮毛矯正とは

縮毛矯正はストレートパーマのようなものと思っている人も多いかもしれません。

また、縮毛矯正と言うとピンと来なくても「Mr.ハビット」とか「リペア」とか聞くと分かる方もいるのではないでしょうか。

この縮毛矯正は、簡単に言うと、薬剤と熱とアイロンで髪を一度溶かし、強制的に髪の毛をまっすぐにして固定するということです。

縮毛矯正を行った髪の毛は半永久的にストレートになります。

くせ毛で悩んでいる人が、縮毛矯正ではなくストレートパーマをかけて、数日で元のくせ毛に戻ったという話をよく聞きます。