シミのいろいろ

ソバカスは、メラノサイトという色素形成細胞が日焼けなどによって変質することでできます。

ソバカスもシミの一種です。

子どもからオトナまで幅広く見られますが、原因は遺伝の場合も多いようです。

また、かんぱん(肝班)もシミの一種で、ホルモンバランスの乱れによって現れるようです。

毛穴の周りに出来るシミは、毛穴にたまった汚れなどが炎症を起こして、その部分に紫外線が当たり色素が濃くなるものです。

毛穴の周りのシミは、毛穴を目立たせる原因になります。毛穴が開き気味の人は注意した方がいいようです。

縮毛矯正の種類

縮毛矯正はくせ毛などをまっすぐにする施術補方で、使う薬剤やアイロンなどを使いますが、美容院によって使うものは若干違うようです。
昔は種類が少なかったですが、最近はたくさんの種類があるようです。

たくさんあるといっても、作業工程にあまり差は無いようです。
差があるとすれば美容師の腕でしょうか?

美容師さんの技術次第では失敗もあるかもしれませんので、信用できる美容室や美容師を探すことが大事です。

今出ている縮毛矯正の種類は、Mr.ハビット、リペア、リシオ、リメイク、エフィカス、リューレント、ナプラなどです。

この中でどの種類がいいのかというのはあまり関係なく、どれも大差ないようです。
また、市販されている縮毛矯正剤を使って自分ですることもできます。
美容室でやるより値段も安く、気楽にできます。
ですが、仕上がりは美容室のようにとはいかないようです。しかも、どうしても傷んでしまうので、やっぱりキレイに仕上げたければ、美容室に行ったほうがいいようです。

豊胸の種類

豊胸の種類はいくつかありますが、自分が思っている通りの方法で豊胸ができる場合もありますが、例えばとても細い痩せた人に、自らの脂肪を取って注入する脂肪注入法が無理といったように、その人の体型や胸の大きさによっては、希望の豊胸術ができないこともあります。

できるだけ希望に沿った豊胸の方法が見つかるように、事前にカウンセリングを行っているので、担当の先生と相談のして、納得した状態で豊胸術を受けます。

豊胸術の中には、メスを使用しない豊胸術、また、入院が必要であったり、日帰りで手術が可能なクリニックもあるようです

自分がどういった方法での豊胸を希望しているのかということは、ちゃんと考えていったほうがいいかもしれませんね。

手術後に、仕事をするのが難しい場合もあります。

手術ができるのかどうか、仕事はどのくらいの休みが取れるのかといったことも事前に考えてから豊胸方法を決めるようにすると良いのではないでしょうか。