爪の異常

ネイルと表される時は、ネイルアートなどの爪のオシャレを示す用語です。
例えば病気で病院に行く時は、爪に施したオシャレなどははずして行ったほうがよいでしょう。

爪の病気で有名なのは爪真菌症といって、爪の水虫です。原因は真菌で、その餌は爪を形成するケラチンです。放っておけば進行する一方なので、気がついたら早く受診しましょう。塗り薬と内服薬で完治するものです。

ばち爪は爪の中央が異常に盛り上がり、爪の先端を覆う形となる爪です。

これは内臓疾患が原因となる場合に表れることが多く、肺の病や気管支炎などの場合にも現れます。重い病気であることもありえます。

爪甲萎縮症といって、爪そのものが小さく脆くなることがあります。皮膚や内臓に疾患がある事が原因です。

爪の形を整える方法

ジェルネイルは、最近急速な普及を見せていて、ネイルアートとして主流になりつつあるようです。

ジェルネイルは、アクリルの合成樹脂を爪に乗せて、形成してからUVライトに当てて固める技法。ジェルの柔軟性の高いものなら3mm程度、固いものなら長い人工爪を作ることも可能です。

ジェルを乗せるとき、爪の形はどうやって整えるのでしょうか。

まずは基礎となる自分の爪です。爪は幾層かに分かれています。そのため爪切りを使用するだけというのは、爪を傷める原因に。

どうしても使用する場合は、風呂上りなど、爪に水分が含まれ、柔らかいときに使います。爪切りを使うと、爪切りのダメージがそれぞれの層の断面にひびが入り、二枚爪などの原因となります。

爪の形を整えるときは、エメリーボードといわれる爪用のやすりを使いましょう。

爪のお手入れ

爪に対するお手入れですが、爪をいたわることが大事で、爪は水分も含み、それによって硬度や強度が変化します。

断続的に水に晒されれば表面が荒れてしまい、ほうっておけば爪割れや二枚爪などの症状を誘発しかねません。

水仕事のあとなどに爪にもハンドクリームなどで保湿するようにしましょう。

爪の水分、油分を守るためにマニキュアやジェルネイルもオススメです。

このときのジェルネイルはカルジェルやバイオジェルといったソークオフジェルタイプのものが良いでしょう。

マニキュア、ジェルネイルともに落とすときの除光液や専用溶液は爪を痛めやすいものなので、あまり頻繁には落とさない方が良いでしょう。

OPI・essie・TiNSなど豊富な品揃えが激安!

マニキュア

爪の手入れは日本では、ネイルケアといいますが、英語ではマニキュアとよびます。

マニキュアの語源は、ラテン語の「手」を意味するManus、「手入れ」のCureが合わさったもの。

爪を彩る染料に対してもマニキュアを使います。

そのネイルケアとしてジェルネイルが認識されつつあります。ネイルアートとしてのみではなく、爪の保護や強化としても効果があるとされています。

割れやすい爪の方や、裂けてしまった爪の保護としてもジェルネイルは活躍しています。

ハンドケア用品が激安!

ネイルケアは、爪のお手入れのことを表していますが、これは和製英語です。
指先は骨がなく、代わりに爪が存在します。爪は皮膚の硬化した器官。

たんぱく質の一種であるケラチンでできていて、ケラチンは骨格細胞を構成するものです。

水分の含有量で硬度が決まります。手入れをする前に入浴するか、手足を湯に浸しておくと爪が柔らかくなり、手入れしやすくなります。

ネイルケアは爪を適度な長さに切り、爪先をやすりで整えるのが一般的な方法です。