食事と加齢

お肌によいといわれるビタミンCが沢山含まれている野菜やフルーツを毎日きちんと食べている方とそうでない方は、肌のツヤなどが、実際、違いますし、年取ってからのしみの多さなども明らかに違います。

そして、ビタミンCを長年きちんと多くとっていますと、お肌が健康的でかなり丈夫になるのも事実のようです。

コラーゲンがかなり多く含まれているという食品はかなり多く、手羽先、豚足、フカヒレ、ウナギ、トリの皮、あるいは、魚のアラなどがそうです。

これらの食品を多く食べるというようなことはお肌に大変よいようなことではありますが、さすがに毎日、十二分な量のコラーゲンを食品からだけ、実際、摂るとすれば、かなり膨大な量になってしまいます。

ですから食品からも摂り、あるいは、足りない分をサプリメントで補う感じのものがよい感じの方法です。

食事は自然のようなものでもありますし、毎日3度のようなことですから、できるだけ食事から摂るようなことを優先的に心がけたいもんです。

加齢によるクマ

目の下にできるクマも、顔をかなり老けさせて見せるやっかいなもんです。

このクマも、様々な要因がありますが、やっぱりエイジングスキンの症状の一つでもあります。

若い方の場合のクマは、あるいは、寝不足であったり、実際に疲れであったり、ストレスであったりするのです。

それにより、血行不良がおこり、かなり目の下がうっ血してしまう訳です。

それに対して、加齢によるようなクマというのは、肌のたるみが大きな要因となっています。

頬の筋肉が弱ってタルんできるでしょうと、その分、目の下に窪みができるようになります。

もともと目の下の皮膚はとても薄く、透けやすいんですが、加齢によって更に薄くなり、そこへたるみの拍車がかかるようなことで、クマはよりかなりはっきりと濃く見えるように、実際、なってしまいます。