サーマクールで老化予防

20代前半で、お肌のたるみやシワの予防のために、サーマクールなどを取り入れている人は少ないです。
20代前半なら、まだ老化が現れるということはないですが、最近は、食生活や生活習慣の変化や、環境の汚染、紫外線などで若くてもお肌の老化が進んでいるということもあるようです。

ですが、すでにたるみなどが現れているのを改善するのと、将来のお肌の老化の予防に受けるサーマクールでは効果の感じ方が違います。

もともとシワやたるみといったトラブルがある人の方が効果が分かりやすいので、受けたという実感があります。

若くたるみなどのトラブルも無く予防のためにサーマクールを受けると、効果はほぼ感じられないといった気持ちになることもあります。

ですが、実際シワやたるみが気になるので、改善したいという30代あたりからの女性がサーマクールを受けることが多いようです。
料金も安価ではないので、若いうちから取り入れられるケアとはいえません。

「目の下のたるみ、どうしたら」の答え

ブラッシングによる抜け毛予防

ブラッシングは、やり方によって、抜け毛予防になったり、逆に頭皮を傷つけたりしてしまうこともあります。
ブラッシングは、毛先が少しぬれている状態でするといいらしいです。
でも、濡れすぎは注意です。キューティクルを傷つけてしまうことになるので注意しましょう。

使うヘアブラシは、豚毛、イノシシの毛など摩擦が発生しにくい素材がおすすめです。
ブラシの先はなるべく丸くなっていて、目の大きさは細かすぎないものがいいです。

ブラッシングするときは、頭皮に押し付けないようにします。
ブラッシングしていて、髪がからまったら、無理にひっぱらずに、ゆっくりと解いていきます。

胃のトラブル予防

胃は、ストレスの影響を受けやすいといわれています。
そのため、リラックスする時間を作ることは、胃のトラブルには効果的です。
気分転換をして心もカラダも軽くします。
また、胃のためには、食生活も大事です。
暴飲暴食はもちろんダメです。
お酒を飲んだ次の日の朝は、軽い胃炎といえるくらい胃が荒れているんだそうです。
また、香辛料やカフェイン、脂肪分などの摂り過ぎも胃に良くないです。

白髪の予防

白髪の原因にはいろいろありますが、まずは加齢によるものが原因と言えます。

黒い髪は、メラニン色素が黒く見えています。
メラノサイトという細胞がメラニンを作っているのですが、年とともにこの働きが弱くなることが原因のようです。

また、遺伝もあります。
髪は遺伝の影響を受けやすく、親が白髪であれば、子どもも白髪になりやすいと言えます。
また、ストレスのよっても白髪になることがあるようです。

ストレスは髪の毛に影響してしまうようです。
他にも原因はありますが、基本的に白髪を予防することは難しいようです。

>>素手で使える?自宅でカンタン白髪染め!

にきび予防

にきびを作らないためには、まず毛穴を詰まらせないこと、そしてにきびができにくい体質になることです。

食事は、まず糖分を減らすことに気を配ります。糖分は、その分解のために大量のビタミンB群を必要とし、ビタミンB群は皮脂を分解するのに必要なため、不足すると皮脂が十分に分解されず肌がオイリーに傾いてしまい、にきびができやすくなります。

にきびは、油分を気にして油抜きの食事をする人もいますが、食事で摂る油分の量は、にきびに影響を与えることはほとんどないと言われます。

チョコレートやピーナッツなども、にきびに悪そうですが、それを食べたからにきびができるという確実な報告はされていないようです。

ただ、人それぞれ体質も違いますので”これを食べるとにきびができる”と自分で感じているものは、控えたほうが良いようです。