お肌の乾燥と美容

人間の皮膚は生まれたときから乾燥しはじめます。年を取るほど潤いを保つ力も低下していきます。

乾燥が美容上の大敵のひとつで、皮膚を乾燥から守ることができれば、年を重ねても若さを長くたもつことができるのです。

そのためには、外から潤いを補給することが大事です。

化粧品の役割は、この保湿にあるといってもいいです。

保湿することで、乾燥によって皮膚の炎症を事前に防ぐこともできます。

お肌の表面がカサカサになると言うことは、お肌の内部も乾いているということです。

本来のお肌は、表面が皮脂膜で覆われていて、内部の水分をとどめて置けますが、皮脂膜が乾いてバリア機能が低下すると、内部の水分はどんどん蒸発して減ってしまいます。

気温の低下と肌の乾燥

気温が下がると、皮膚の代謝が下がって、皮脂の分泌やセラミドの産生が低下します。
肌の乾燥は全身に及びます。
皮脂が少ない足や腕などの肌の乾燥が進みます。
乾燥した空気と暖房によって、皮膚から水分が蒸発しやすくなり、お湯で水仕事をしたり、熱いお風呂に入ることも肌の乾燥を勧めてしまいます。
セラミドが不足すると乾燥肌になりやすくなります。
しかもセラミドには外部からの刺激を受けにくくするとともに、内部の水分の蒸発を防ぐというバリア機能があります。
セラミドが整っているお肌は、ストレスに強いお肌になるのです。
>>小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料

頭皮のかゆみは乾燥?

頭皮のかゆみは、シャンプーの回数が多い人も要注意です。

朝・晩など1日に2回以上シャンプーをする人は、洗いすぎによって皮脂が足りなくなり、それによって頭皮が乾燥し、かゆみが発生しやすくなります。

頭皮を清潔に保つために毎日シャンプーをしているつもりで、トラブルを招いていることもあります。せめて1日1回程度にしておきましょう。

また、エアコンによっても頭皮が乾燥しやすくなります。特に冬場は空気が乾燥するため人間の肌も乾燥しがちになってきます。

乾燥が気になる室内では、加湿器を置くなどして対応すると、頭皮のかゆみの予防や改善にも繋がります。