ニキビとケミカルピーリング

ニキビはケアしないでいると、炎症を起こしたり、真皮が傷ついて、にきび跡になることもあります。

ニキビが悪化してしまったときは、専門医に診てもらうほうがいいでしょう。

皮膚科のにきび治療は、薬を飲んだり、付けたりといったことが一般的です。
最近では、皮膚を再生させる治療、ケミカルピーリングが人気のようです。

ケミカルピーリングは、ニキビ跡が残った部分の皮膚を溶かし、新しい皮膚を再生させて、健康でキレイな肌を取り戻します。

ケミカルピーリングは、酸を使って、酸化した脂や毛穴に詰まった角質を取り除きます。

ニキビ治療

赤くはれる炎症性ではない、炎症性のニキビの場合、治療にはホルモン剤や外用薬イオウが使用されます。

非炎症性のにきびの治療は、皮脂の分泌を抑えるの画必要で、皮脂の分泌には男性ホルモンの一つであるアンドロゲンが深く関わっているとされています。

ホルモン剤として用いられるジオール、メサルモンFは総合女性ホルモンで、皮脂の分泌を抑制する作用があるとされています。

また、イオウを含むローションをニキビの部分に塗って、毛穴を開き、詰まった皮脂を出やすくする方法もあります。

クレアラシルのような薬は、イオウとレゾルシンを含んでいて、比較的使いやすいようです。