ダイエット冷え性

ダイエットにおいて、カラダが冷えると、脂肪がつくので、冷え性を改善することが大切です。

食べ物には「陽性」「陰性」「中性」の食べ物があり、陽性の食べ物は身体を温め、陰性の食べ物は身体を冷やすと言われています。

陽性の食品を摂るように心がけ、体を温めましょう。

陽性の食べ物は、色が濃い食品、根菜類、冬に収穫できる食べ物が多いようです。しょうが、山いも、にんにく、ニンジン、れんこん、ネギ、さつまいも、ニラ、ごぼう、かぼちゃなどです。
生より、加熱して温かいものを食べます。

また、ビタミンCも冷え症に効果的なので、タバコを吸う人や、お酒を飲むとビタミンCが消費されるので、なるべくたくさん摂るのがオススメです。

年齢とダイエット

歳を取るにつれてカロリーを消費しにくいカラダになっていきます。
この原因は基礎代謝の低下や筋肉の衰えなどが原因です。

体重が増えたり減ったりするのは、摂取カロリーと消費カロリー
のバランスで決まることはだれもがご存知と思いますが、消費カロリーが若いときより減っているのにもかかわらず、食事量が昔と変わらないとすれば、歳とともに太りやすくなります。

ダイエットは自分がどのような食べ方をしているのか見直すことからです。
ビタミンやミネラルが不足すると痩せにくいカラダになります。
食事は主食、主菜、副菜などがバランスよく取れるような定食のような献立がオススメです。
肉を食べるときは、煮たり蒸したりなどカロリーが低く抑えられるような調理法で食べましょう。
そして、ゆっくりとよく噛んで食べます。
食事の最初に、汁物などの水分をとるようにすると食べすぎないようにすることができます。

コーヒーダイエット

コーヒー好きの人も多いと思いますが、私の場合、気分を落ち着けるために、会社に行く前に必ずコーヒーを一杯飲んでいきます。

コーヒーはダイエットにも効果があるらしく、コーヒーを飲むと脂肪が分解され、血中に脂肪酸として放出されます。
その時に運動をすれば脂肪が燃えて、ダイエットの効果が得られるようです。

コーヒーダイエットというのは、運動をする前にコーヒーを飲むようにするというダイエットです。
スポーツクラブなどに行く前とか、これからお買い物に行くのに歩くとかいう前にコーヒーを1杯飲んでいくというのもいいでしょう。

お風呂の前に飲むのもいいようです。あと、掃除を始める前に飲むのもいいかもしれませんね。

コーヒーには精神安定効果もあるので、ダイエットするときにはいいかもしれません。

おやつを食べたくなったらとか、決まった時間に自分の好きな音楽を聴きながら飲むとか、リラックスタイムを作ってみるのもいいですね。
といっても、私がコーヒー好きだからですけど。

コーヒーのカフェインが脂肪を燃焼する助けをしているので、紅茶でも同じような効果があります。
コーヒーがニガテ。。という人は、紅茶でもOKなんです。

あと、コーヒーにはミルクと砂糖を入れるのが大好きという方も要注意です。砂糖とミルクはカロリーがあるので、たくさん飲むと逆に太ってしまうかもしれません。

キムチとダイエット

よく、キムチはダイエットに効果があるって言いますが、本当のとこはどうなんでしょう。

日本のスーパーなどで売られているキムチは、ほとんど浅漬けタイプのものなので、発酵が不十分のようです。十分に乳酸発酵された韓国のキムチは、お腹の調子がよくなって、余分な脂肪を溜め込まないような効果もあるようです。
日本のキムチではダイエット効果は期待出来ないようですね。

ダイエットするためのキムチなら、韓国のキムチです。

キムチは、食べ物の組み合わせによってより効果がアップするらしいです。それは納豆。キムチと納豆の組み合わせは抜群です。

ダイエットなら、韓国のキムチがオススメです。通販やお店で探してみたいものです。