サーマクールで老化予防

20代前半で、お肌のたるみやシワの予防のために、サーマクールなどを取り入れている人は少ないです。
20代前半なら、まだ老化が現れるということはないですが、最近は、食生活や生活習慣の変化や、環境の汚染、紫外線などで若くてもお肌の老化が進んでいるということもあるようです。

ですが、すでにたるみなどが現れているのを改善するのと、将来のお肌の老化の予防に受けるサーマクールでは効果の感じ方が違います。

もともとシワやたるみといったトラブルがある人の方が効果が分かりやすいので、受けたという実感があります。

若くたるみなどのトラブルも無く予防のためにサーマクールを受けると、効果はほぼ感じられないといった気持ちになることもあります。

ですが、実際シワやたるみが気になるので、改善したいという30代あたりからの女性がサーマクールを受けることが多いようです。
料金も安価ではないので、若いうちから取り入れられるケアとはいえません。

「目の下のたるみ、どうしたら」の答え

サーマクールとタイタン

女性の肌の悩みは年代によっても違ってきますが、ある程度の年齢になると、小じわやたるみが気になってきます。

肌のたるみ改善には、最新の治療器であるサーマクールが認知されてきていますが、その効果や施術時の痛みなどが不安で、やるまでにはいたっていないという人も多いと思います。

美容に関する様々な口コミサイトもありますが、タイタンという治療法が、痛みがなく、サーマクールと同じようなリフトアップ効果があると言われているようです。

タイタンは真皮層の上層部に熱エネルギーを作用させ、繊維芽細胞を刺激します。

サーマクールで痛みと感じるほどの熱エネルギーは与えないので、タイタンでは、麻酔クリームを塗ることも痛みを感じることもありません。

治療直後のリフトアップ効果は、サーマクールに比べ優れているようです。ただ、持続性はサーマクールに比べて劣るようです。