食事でアンチエイジング

和食はダイエットに適しているといわれていますが、アンチエイジングにも効果的です。
魚や大豆製品、野菜などをふんだんに使っているし、さらに味付けも他の料理に比べてあっさりして薄味です。

日本が長寿国ということからも、和食健康の維持や病気の予防に効果的妥当言うことが分かります。

また、日本と同じように長生きな人が多いコーカサス地方で食べられているヨーグルトもアンチエイジングに効果的といわれています。
高齢になるとかかりやすい動脈硬化や心臓病などの病気の予防にも適しています。
また、血液をさらさらにしてくれるネギやポリフェノールを含むワイン・緑茶などもアンチエイジングに効果的です。

食事は毎日することなので、食材や栄養などに配慮することで、自然と健康やアンチエイジングに気を遣うことになります。
カラダの環境を整えることで内側から若々しさを取り戻しましょう。

脳のアンチエイジング

老化は、当然ですが、脳にも現れます。
脳の老化を防ぐためには、リラックスさせてあげることも大事です。
林浴などを行うことによって、脳をリフレッシュして、アンチエイジング効果があるそうです。
脳を活発に働かせることも大事で、ちょっとした足し算や引き算などを暗算でやってみたりすることもいいです。

特に効果的なのがお料理と言われています。
お料理は一度にいろんなことを考えながらやるので、脳が活性化されるんだそうです。
料理の手順を考えたり、分量を測ったりしながら、手元は常に動いていますよね。
千切りなんて、とっても細かい作業です。
同じ料理をローテーションするのではなく、常に新しいメニューにチャレンジすると言うのも脳を活性化させるのにいいかもしれません。
その他、友達と話したりといったコミュニケーションも脳を老化させるのを防ぐそうですよ。

食事とアンチエイジング

アンチエイジングには、さまざまな方法がありますが、もっとも身近なものに、食事があります。
40歳を過ぎると、活性酸素を取り除いてくれる抗酸化酵素の働きが低下してくるので、疲れがたまったり、老化が進んだりしてきます。
これによって、カラダの機能が低下したり、カラダがだるくなったり、病気にまでなってしまうこともあります。
それを防ぐためには、ビタミンを多く含む食品を摂るように心がけます。

ビタミンEを多く含む食品は、ナッツ類、レバーや卵です。
ビタミンCを含む食品は、オレンジ、ブロッコリー、小松菜などがあります。

これらのビタミンを多く含む食事を摂取することで、活性酸素の働きを抑えることができます。

その他、アンチエイジングのために摂りたい栄養素としては、カキやさばなどに含まれるビタミンB2、たらこなどに含まれるナイアシンなどです。

運動とアンチエイジング

健康のために運動していますか?
筋肉の量を維持する運動は、アンチエイジングには不可欠です。
カラダを疲れさせるほどの運動は必要ありません。健康を維持するためには、日常の生活に取り入れやすいものがいいです。

とくに、アンチエイジングには、インナーマッスルを鍛えると効果的です。姿勢も良くなりますし、肩こりやカラダのゆがみなどが良くなります。
カラダの中心部にある大腰筋が衰えると足腰が弱り、転びやすくなります。
どんな年代の人でも行いやすいのは、やはりウォーキングです。

先日テレビでやっていたのですが、スロージョギングがとてもカラダにいいそうです。
スロージョギングは、歩くくらいのスピードでゆっくり走ります。
背筋を伸ばしてやや前傾姿勢で走ることがポイントだそうです。

アンチエイジング治療

ある程度年齢を重ねた女性なら、一度は美容外科のアンチエイジング治療に興味を持ったことがあると思います。

ちょっと前までは、手術でたるみなどを取るといったようなメスを使う方法が主流で、そこまでしたくはないと思っていた人も、最近では、注射を利用した、プチ整形のようなものも出てきているので、やってみたいと思っている人もいると思います。

表情筋によってできたシワには、ボトックス注射が効果的なようです。

ボトックスはボツリヌス菌の一種で、ボトックスを使って、表情筋を麻痺させてシワができるのを抑えるという方法です。

その他に、注射には、脂肪やヒアルロン酸を使う方法などがあります。

美容外科でアンチエイジング

最近はプチ整形という言葉が流行っていますが、以前よりはアンチエイジングのための美容整形がメジャーになってきているようです。

美容外科でアンチエイジングを行う方法には、数多くの種類がありますが、大きく分けると切開を伴う手術と切開しないものに分かれます。

顔にメスを入れる手術でも、切開部分が何処なのか分らない手術もあったり、取りたいしわやタルミの箇所によって、切開部分も変わってきます。

また、美容外科で手術をしない方法は、注射でヒアルロン酸やコラーゲン、脂肪などを注入する方法や、コラーゲンを活性化させるためのレーザー治療などです。

細い特殊な糸を皮下に埋入させて、糸にコラーゲン繊維が形成されることで肌に張りを戻すことができる方法もあります。

男性のアンチエイジング

最近は、少しずつ、40~50代の男性が、アンチエイジングの意識も高まって、それを応援するような男性用化粧品も増えています。
男性はメイクをしないので、若々しさをアピールするためには、若々しい肌が必要不可欠。

くすみやシミ、シワなどが多いと、実年齢より老けて見られます。
実際、そのようなことを言われたり、自分でもそう感じている人が、スキンケアに目覚めたりしているようです。

特に、お客さんと会うような仕事の人は、若々しくはつらつとしているほうが、高感度が高いといえます。

男性の場合、肌を健康に保つためには、まず、汚れと皮脂を取ることと、適度な水分と油分の補給です。

⇒メンズコスメ