にきび予防

にきびを作らないためには、まず毛穴を詰まらせないこと、そしてにきびができにくい体質になることです。

食事は、まず糖分を減らすことに気を配ります。糖分は、その分解のために大量のビタミンB群を必要とし、ビタミンB群は皮脂を分解するのに必要なため、不足すると皮脂が十分に分解されず肌がオイリーに傾いてしまい、にきびができやすくなります。

にきびは、油分を気にして油抜きの食事をする人もいますが、食事で摂る油分の量は、にきびに影響を与えることはほとんどないと言われます。

チョコレートやピーナッツなども、にきびに悪そうですが、それを食べたからにきびができるという確実な報告はされていないようです。

ただ、人それぞれ体質も違いますので”これを食べるとにきびができる”と自分で感じているものは、控えたほうが良いようです。