PMSと運動

PMSで、腰痛や下半身の違和感、肩こりなど、体に症状があるとき、適度な運動を行うと効果的です。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や、ゆっくりした動きが中心の太極拳やヨガのようなものもPMSに効果的とされます。

運動の頻度はできるだけ毎日がよく、ハードなものではなく、軽い運動を定期的に、リラックスして行えることが大切です。

運動の前後にはマッサージやストレッチを取り入れると一層効果があります。

PMSで腰や肩が痛くなる原因は、その部分の筋肉が不足しているからで、筋肉量をアップさせると痛みの予防になってきます。