妊娠線について

妊婦さんの悩みのひとつとして、妊娠線という皮膚の悩みがあります。

妊娠中にお腹が急激に大きくなるので、そのスピードに皮膚の伸びが追いて行けず、みみず腫れのような赤い線が出てくるのが妊娠線です。

出産が終わってお腹が元に戻ると、妊娠線は白い線となって残り、目立たなくはなりますが、全くなくなることはないと言われています。

また、急激に太ってやせた場合にもお腹や太ももなどにもそのような赤いみみず腫れ状の線があらわれることがあります。

こういった妊娠線を改善するには、伸びてしまった皮膚を収縮させ症状を改善させる治療方法としてサーマクールなどがあります。
また、外科的手術では、余分な皮膚を切り取り縫い合わせるという方法があります。