ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、納豆に含まれている酵素。ほとんどは、納豆のネバネバした物質の中に存在しています。
納豆は、煮た大豆に納豆菌を加え、発酵させたものですが、この酵素は大豆を煮た状態の時には含まれていません。

ナットウキナーゼは、血管内の血栓を溶かす作用もあります。

血栓症は、血管内に血栓ができてしまうことで起こる病気です。虚血性心疾患や、脳卒中などを指します。

ナットウキナーゼには、この血栓症の原因となる血栓ができないようにしたり、さらに、できてしまった血栓を溶かす働きがあるといわれています。