化粧水は手で付ける?コットンで付ける?

化粧水を手で付けるかコットンで付けるかどっちがいいのか?・・・という話しはよく聞きます。

私自身も、手でつけていた時期もあったり、コットンで付けていた時期もあったりで、いろいろやってました。

最近になって思うのが・・・

臨機応変に

って事のような気がします。

なんとなく、スキンケアやメイクってルーティンワーク的にやっていないでしょうか?

これは、肌のことだけじゃなくって、カラダ全体にも言えることなんですが、健康や美容に対する知識だけが先走り、自分のカラダのことは何も考えてないってことです。

とくに私はそういうところがあり、自分が疲れていようがなんであろうが、日課はこなす!という固い信念のもとにやってきましたが、結局健康を害しましたので、これは全然健康に結びついていません。

疲れたら休む、元気いっぱいで動きたい時は動く、冷たい時は温める、暑い時は涼む。

こんな単純なことを忘れがちなんではないでしょうかね。

 

スキンケアにしても、自分の肌の状態を省みず毎日同じ水分と同じ栄養分を与え続ける・・・

もし、すっごくお腹が空いていても、すっごくお腹がいっぱいでも、同じような量の食事を与えられたら、けっこう不満になると思うんですよね。

そういうのはいかがなものかしらと、考えるトシになってきました。(。_。)ウン

 

化粧品のカウンターに行くと、化粧水をたっぷり含ませたコットンでパッティングされたりすることも多いかと思うんですが、コットンも時と場合によっては、ダメージになったりするらしいので、お肌が弱っている時は、手でつけてあげたりするといいかもですね。

でも、手でつけると、付け方にムラが出たりするらしいんです。

それで、コットンの方がいいという話になるようなんですが、コレを知っておけば、ムラにならないように注意してつければいいと思います。

そもそも、均一がいいのかどうか?という話もありますよね。

油分などはTゾーンは薄くてもいいかもですし、乾燥してる部分は水分もたっぷりつけてあげたいですしね。

あと、冬場などは血行が悪くなりがちなので、付けたあとに、手で温めてあげると、血行がよくなり、それだけでもお肌の調子が良くなりそうです。

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です