ネイルケアは、爪のお手入れのことを表していますが、これは和製英語です。
指先は骨がなく、代わりに爪が存在します。爪は皮膚の硬化した器官。

たんぱく質の一種であるケラチンでできていて、ケラチンは骨格細胞を構成するものです。

水分の含有量で硬度が決まります。手入れをする前に入浴するか、手足を湯に浸しておくと爪が柔らかくなり、手入れしやすくなります。

ネイルケアは爪を適度な長さに切り、爪先をやすりで整えるのが一般的な方法です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です