正しい紫外線対策

太陽光に含まれている紫外線は、老化やシミ・そばかすなどの肌トラブルを引きおコアします。

肌の老化の原意になるのは、紫外線A波と呼ばれるもので、長時間浴びることで肌の奥まで入り込んで、皮膚の老化を促進させて、肌の弾力とハリをなくならせてしまいます。

紫外線B波は、シミ・そばかすの原因となる紫外線で、強い日差しを浴びた肌を日焼けさせます。

肌のメラニンを増やしてシミ・そばかすの元を作っていまいます。

UV対策に欠かせないのが日焼け止めですが、これも正しく使いこなさないと意味がなくなってしまうことも。

大事なのは首や耳なども忘れずに塗ることです。紫外線は1年を通して肌に届くので、季節を問わず付けることが大事です。

また、紫外線を避けるには、どんなときでも紫外線防止効果の数字が高いものを使っていれば良いというわけではありません。

日差しが気になるときは、数値の高さを見るのではなくて、シーンに合った数値の日焼け止めを選んで2~3時間おきに塗りなおすことが大事なんだそうです。