水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

ビタミンには2種類あり、1つは、脂に溶ける脂溶性ビタミン、2つめは、水に溶ける水溶性ビタミンです。

ビタミンA、Eなどの脂溶性のビタミンは、摂る量が多く使い切れなかったときは翌日へ持ち越すことができますが、カラダに残った分が溜まるとビタミン過剰症を引き起こす原因になります。

ビタミンB群などの脂溶性のビタミンは、水に溶ける性質なので、吸収できなかった分は体の外へ排出されます。

水溶性ビタミンの場合は必要量を毎日摂る必要があります。

水溶性ビタミンは加熱によって破壊することがあるので、調理方法を工夫して上手に摂ることが大事です。