アルブチン

アルブチンは、お肌の漂白剤と呼ばれたりしています。
ハイドロキノンの糖誘導体で、美白効果に優れています。
シミの原因はメラニン色素ですが、メラニン色素を合成する役割を持っているチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用を持っています。

アルブチンには、αーアルブチンと、βーアルブチンの2種類があり、美白用の化粧品に使われているのは、β-アルブチンです。
βーアルブチンは、自然界にもあって、ウワウルシというハーブに含まれているんだそうです。
昔から美白効果があるということで使われていました。

ですが、最近になって、こけももなどに含まれているα-アルブチンのほうがチロシナーゼに作用する力が強いことが分かってきて、そちらの方が美白化粧品に多く使われるようになってきたそうです。