ブラッシングによる抜け毛予防

ブラッシングは、やり方によって、抜け毛予防になったり、逆に頭皮を傷つけたりしてしまうこともあります。
ブラッシングは、毛先が少しぬれている状態でするといいらしいです。
でも、濡れすぎは注意です。キューティクルを傷つけてしまうことになるので注意しましょう。

使うヘアブラシは、豚毛、イノシシの毛など摩擦が発生しにくい素材がおすすめです。
ブラシの先はなるべく丸くなっていて、目の大きさは細かすぎないものがいいです。

ブラッシングするときは、頭皮に押し付けないようにします。
ブラッシングしていて、髪がからまったら、無理にひっぱらずに、ゆっくりと解いていきます。