日焼け止め

紫外線の対策をすることは、シミのケアの第一歩といえます。
その紫外線対策ですが、ほとんどの人は日焼け止めを利用していると思います。
日焼け止めには2種類あり、大きく分けて「紫外線吸収」と「紫外線散乱」があります。
どこがちがうかというと、成分と特長です。

紫外線吸収剤は、紫外線が肌の内部に入らないように、お肌の表面で紫外線を吸収するものです。
紫外線を防ぐ力が高いのですが、その分お肌への負担が高くなります。

紫外線散乱剤は、紫外線を乱反射させ、内部への侵入を防ぎます。

特殊なカッティングをした粉が、紫外線を散乱させて、紫外線の侵入を防ぎます。
紫外線吸収剤より防ぐ力は劣りますが、への負担は少ないようです。
赤ちゃん用の日焼け止めや敏感肌用の製品で多く使われています。