気温の低下と肌の乾燥

気温が下がると、皮膚の代謝が下がって、皮脂の分泌やセラミドの産生が低下します。
肌の乾燥は全身に及びます。
皮脂が少ない足や腕などの肌の乾燥が進みます。
乾燥した空気と暖房によって、皮膚から水分が蒸発しやすくなり、お湯で水仕事をしたり、熱いお風呂に入ることも肌の乾燥を勧めてしまいます。
セラミドが不足すると乾燥肌になりやすくなります。
しかもセラミドには外部からの刺激を受けにくくするとともに、内部の水分の蒸発を防ぐというバリア機能があります。
セラミドが整っているお肌は、ストレスに強いお肌になるのです。
>>小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料