顎関節症とは

顎関節症は、アゴが痛かったり、口を開けるたびにアゴの音がなるという症状です。
症状は子どもからお年寄りまで現れ、20~30代の女性に多いといわれています。
痛みのほかに、低いゴリゴリという音や、口を開けるとガクンというような音がするという2つのタイプが多いようです。

原因は、その人によって違い、さらに症状にも違いがあります。
症状や分類の診断は、エックス線撮影法やMRIなどで調べて、合わせて顎運動検査、関節鏡による診断も行われます。
治療は、症状にあわせて方法がいろいろあり、顎関節症の原因になっているものを特定して、改善するための治療が行われます。