肝斑の改善法

最近、CMなどで注目されることとなった、肝斑(かんぱん)ですが、肝斑の原因は、紫外線だけではなく、ホルモンのバランスやストレスによってできるしシミとされています。

30代以降の人に多く、頬骨のあたりなどに、左右対称に現れるのが特徴です。

CMでは、第一三共ヘルスケアから発売されている「トランシーノ」によって改善されるようです。

トランシーノは、飲み薬で、今のところは、このトランシーノを使って、カラダの内側から改善していくのが一番良い方法のようです。
肝斑は、一度改善されても再び出てくることがあるようです。
また、60代以降になると改善されることが多いようです。