無添加化粧品の秘密

無添加化粧品は、特に法的な基準はありません。
以前は、厚生省によって、アレルギー反応を起こす可能性がある成分について表示が義務付けられていましたが、2001年からは配合されている全ての成分の表示が義務付けられるようになり、アレルギー反応を起こす可能性のある102種類が配合されていなければ無添加化粧品であるとするメーカーもあるようです。
無添加化粧品といっても、メーカーによって基準がいろいろあるようです。

化粧品を作るためには、化学物質を使わなければならないのですが、安全性が確認されていれば特に心配はないようです。
化学物質の中で注意が必要といわれているものには、パラベン・環境ホルモン・石油系の合成界面活性剤どです。
化粧品を買うときには、「無添加」という表示だけに惑わされず、成分表示をちゃんと確認したほうが良いでしょう。