生活習慣による肌荒れ

肌荒れの原因もいろいろありますが、ひとつには生活習慣によるものもあるようです。
自分が少し注意することによって、すぐにでも改善できることなので、試してみてはいかがでしょうか。

まず一つは睡眠不足です。
睡眠不足は、肌荒れや吹き出物が出たり、目の下にクマが出来たり、顔色がよくなかったりとさまざまな症状を引き起こします。

睡眠がきちんと取れないといったことも、日常の中ではあると思いますが、それを繰り返していると、お肌は知らないうちに疲れてきてしまいます。
できるだけ、12時前には寝るようにしたほうが、お肌のためにはいいようです。
また、タバコもお肌にはよくありません。若いときはあまり感じないかもしれませんが、歳を重ねるとやはりその差は大きくなります。
タバコを吸うことで、ビタミンを大量に消費してしまうし、煙によっても肌荒れを起こすこともあります。