光老化と紫外線

紫外線を長い間浴び続けると、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。ごれを光老化といいます。
光老化は、角質肥厚やしわ、たるみ、肌のキメが粗くなるなどの影響があります。
日焼け止めには、SPFとか、PA+などの表示がありますが、これの意味は何なのでしょう?

SPFは、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す数値で、数字が大きいほど効果が高くなります。
何も塗らないとお肌は一般的に、B波を浴びてから15~20分程度で日焼けし始めます。

PAは、主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。