コエンザイムQ10

老化の原因のひとつは、カラダの酸化によるものです。年齢とともに、カラダが錆びていっているということになります。

活性酸素から守るというのはいわゆる抗酸化作用で、抗酸化作用の効果は、あらゆる病気から身を守ってくれます。
カラダが酸化してしまうと、老化だけでなく大きな病気になる原因を作ってしまいます。

大きな病気とは、例えばガンや動脈硬化などです。
コエンザイムQ10の働きは、活性酸素からカラダを守ってくれます。

もともとコエンザイムQ10は、カラダの中にあるもので、加齢とともに減っていきます。
カラダの中では重要な存在でありながら、加齢とともに減るスピードがはやいので、コエンザイムQ10が老化のカギを握っている物質であると考えられています。