青のパワー

青といえば、寒色系の代表食。冷静や鎮静といったイメージがあります。

とりあえず青の効果的な取り入れ法としては、ダイエットのために効かせる色ということです。

感触には食欲を減退させる効果があります。なので、ダイエット中は、食器、ランチョンマット、テーブルクロス、キッチンのカーテンなどはブルー系にしてみてはいかがでしょう。
食べすぎを防げるかもしれませんよ。

青は、信頼や誠実さの象徴としてみ使われます。銀行や信頼を必要とする起業は会社のシンボル色に青を取り入れているところが多いと思います。
真面目な印象を与えるので、ビジネスでは濃紺のスーツなどが活躍しますよね。リクルートスーツにも紺色が多いのもそのためではないでしょうか。

そのほか、青には鎮静効果もあるので、気分が落ち着かないときにブルーを使うとクールダウンできます。
落ち着くからといって、部屋に青いものを使いすぎると、寒々しいお部屋になってしまうので、小物やアクセサリーを身に着けたりするのも言いかもしれませんね。