美容外科でアンチエイジング

最近はプチ整形という言葉が流行っていますが、以前よりはアンチエイジングのための美容整形がメジャーになってきているようです。

美容外科でアンチエイジングを行う方法には、数多くの種類がありますが、大きく分けると切開を伴う手術と切開しないものに分かれます。

顔にメスを入れる手術でも、切開部分が何処なのか分らない手術もあったり、取りたいしわやタルミの箇所によって、切開部分も変わってきます。

また、美容外科で手術をしない方法は、注射でヒアルロン酸やコラーゲン、脂肪などを注入する方法や、コラーゲンを活性化させるためのレーザー治療などです。

細い特殊な糸を皮下に埋入させて、糸にコラーゲン繊維が形成されることで肌に張りを戻すことができる方法もあります。