全ての元凶は股関節にあり?

私はもう20年くらい、定期的に指圧に通っていますが、指圧などのメンテナンスと同じくらい大事なのが指圧師の質。

当たり前と思うかもですが、これが結構難しい問題だったりします。

 

最近、勝手に店内で担当を変えてもらい、新しい人にやってもらうようになって、体調がすこぶる良くなってきました。

新しい指圧師に言われたことは、カラダを触ってみて思うのは、循環があまりよくなく、悪くなると体調が悪くなるのでは?ということでした。

そして、その循環の悪さの現況が股関節の固さにあるということでした。

私は一日中座って仕事をしていて、この仕事は10年以上にもなっていますので、座りっぱなしの姿勢が股関節を固くしているということは自覚していました。

 

対策としては、開脚です。

開脚すると、つま先が内側に向きがちなんですが、外側に倒すようにすることと、前屈より外側に開く方を重視するということです。

座って外側に開くのは、至難の業だったので、以前ヨガの先生に言われた方法でやっています。

仰向けに寝て、足を上げます。

この足と壁が水平になるまで壁に接近。

足が壁にもたれかかった状態で、横に開いていきます。

ただ寝て、足を上にあげて開脚してもいいのですが、その場合、横に開く力と、足を上にあげておく力が分散してしまうので、足は壁に付いていた方がやりやすいです。

 

なんとなくやり続けて1ヶ月経ちましたが、まず、疲れにくくなったと思います。

1kmくらいはなれたお店に買い物に行くと、行く時と買い物をしている間はいいのですが、帰り道がキツかったんです。

でも、コレをやるようになってから、楽々帰ってこれるようになりました。

なんとなく循環が良くなったのか、お腹の周りの脂肪も取れてきました。

それまでは、何をやっても痩せないという感じがあったのですが、やっと年齢相応の体調に戻ってきた気がします。

カラダの循環で言えば、冷やさないということもあるので、温かいものを飲んだり、首や手首、足首などを冷やさないような工夫もしています。

もうすぐ春ですが、ひどく気温が下がる日も多いので、巡りを良くして、体調を整えて行きましょう!

 

化粧水は手で付ける?コットンで付ける?

化粧水を手で付けるかコットンで付けるかどっちがいいのか?・・・という話しはよく聞きます。

私自身も、手でつけていた時期もあったり、コットンで付けていた時期もあったりで、いろいろやってました。

最近になって思うのが・・・

臨機応変に

って事のような気がします。

なんとなく、スキンケアやメイクってルーティンワーク的にやっていないでしょうか?

これは、肌のことだけじゃなくって、カラダ全体にも言えることなんですが、健康や美容に対する知識だけが先走り、自分のカラダのことは何も考えてないってことです。

とくに私はそういうところがあり、自分が疲れていようがなんであろうが、日課はこなす!という固い信念のもとにやってきましたが、結局健康を害しましたので、これは全然健康に結びついていません。

疲れたら休む、元気いっぱいで動きたい時は動く、冷たい時は温める、暑い時は涼む。

こんな単純なことを忘れがちなんではないでしょうかね。

 

スキンケアにしても、自分の肌の状態を省みず毎日同じ水分と同じ栄養分を与え続ける・・・

もし、すっごくお腹が空いていても、すっごくお腹がいっぱいでも、同じような量の食事を与えられたら、けっこう不満になると思うんですよね。

そういうのはいかがなものかしらと、考えるトシになってきました。(。_。)ウン

 

化粧品のカウンターに行くと、化粧水をたっぷり含ませたコットンでパッティングされたりすることも多いかと思うんですが、コットンも時と場合によっては、ダメージになったりするらしいので、お肌が弱っている時は、手でつけてあげたりするといいかもですね。

でも、手でつけると、付け方にムラが出たりするらしいんです。

それで、コットンの方がいいという話になるようなんですが、コレを知っておけば、ムラにならないように注意してつければいいと思います。

そもそも、均一がいいのかどうか?という話もありますよね。

油分などはTゾーンは薄くてもいいかもですし、乾燥してる部分は水分もたっぷりつけてあげたいですしね。

あと、冬場などは血行が悪くなりがちなので、付けたあとに、手で温めてあげると、血行がよくなり、それだけでもお肌の調子が良くなりそうです。