プラセンタの成分

胎盤に関しては、様々な成分が含まれているので、胎盤から抽出されるプラセンタにも、それらは含まれるというようなことになります。

含まれているものは、まず、アミノ酸。
ロイシン、リジン、イソロイシンなどの必要アミノ酸をはじめ、アルギニン、アラニンなど数10種類のアミノ酸が含まれています。
次に、活性ペプチドで、これは、アミノ酸が結合してできたものです。
タンパク質は、アミノ酸が結合してできていて、グロブリンやアルブミンがあります。
糖質は、ガラクトース、グルコース、ショ糖などの成分。エネルギー源となります。
脂質・脂肪酸は、細胞膜や角膜、ホルモンなどの構成成分で、コレステロール、ホスファチジン酸、ラウリン酸などがあります。
ビタミンは、生理機能を調整。各種ビタミンが含まれています。
ミネラルは、身体に関し不可欠な成分です。カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、鉄があります。
ムコ多糖体は、蛋白質を含んだ多糖性の糖質。ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸があります。
核酸は、細胞の分裂や、正常の機能を維持する感じのために必要で、DNAやRNAがあります。
酵素は、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アルカリホスファターゼなど55種類の存在が認められています。
特にあげたいプラセンタの成分としては、EGF、EGFなどの成長因子です。