敏感肌チェック

自分が敏感肌かどうか判断するのは難しいので、敏感肌かどうかをチェックする項目があるので、自分でチェックしてみましょう。

1.いつも使っている化粧品で、ヒリヒリしたり、かゆくなったりすることがある。
2.いつも使っている化粧品で、肌がはれたり、赤くなったりすることがある。
3.皮膚がカサカサとして、粉を吹いたようになったりしている。
4.季節の変わり目には化粧品でかゆくなったり、赤くなったり、しみたりすることがある。
5.化粧品を違う種類に替えると、湿疹が出たり、かぶれたりすることがよくある。
6.乾燥していると、肌がヒリヒリしてくる。
7.原因はわからないがたまに湿疹が出ることがある。
8.ほぼ毎日のように睡眠不足。
9.外食が多い。
10.寒く感じたり、日光に当たったときに湿疹ができたりする。
11.汗をかいたときに、顔がムズムズと痒くなる。
12.病院の診断で、アトピー性皮膚炎と言われたことがある。

8つ以上あると、敏感肌、4つ以上だとやや敏感気味の肌となります。

コスメとしての精製水

環境やストレスの多い生活の影響で敏感肌の人が増えてきているので、自然派化粧品、無添加化粧品といったスキンケア商品に人気が集まっているそうです。

敏感肌用の化粧品がたくさん売られている中には、売るためだけに無添加という言葉を使っているものもあるそうです。

無添加は、もともとは、表示して伊成分を含まないという意味だったのですが今は、全成分を表示するのが義務となっているので、化学物質を含まないとか、敏感肌に刺激が少ないものを無添加と呼んでいるものもあるそうです。

敏感肌の人の間で、精製水を使ったスキンケアをしているということですが、確かに精製水は究極の無添加化粧水かもしれません。

精製水は、水道水で洗顔した後、塩素を取るために使ったり、保湿にために使ったりしているそうです。

水道水の塩素は、肌荒れやアトピーなどお肌に傷があるとき、しみることがあるそうです。

なので、塩素でお肌が荒れないように、精製水でふき取っているんだそうです。

縮毛矯正の種類

縮毛矯正はくせ毛などをまっすぐにする施術補方で、使う薬剤やアイロンなどを使いますが、美容院によって使うものは若干違うようです。
昔は種類が少なかったですが、最近はたくさんの種類があるようです。

たくさんあるといっても、作業工程にあまり差は無いようです。
差があるとすれば美容師の腕でしょうか?

美容師さんの技術次第では失敗もあるかもしれませんので、信用できる美容室や美容師を探すことが大事です。

今出ている縮毛矯正の種類は、Mr.ハビット、リペア、リシオ、リメイク、エフィカス、リューレント、ナプラなどです。

この中でどの種類がいいのかというのはあまり関係なく、どれも大差ないようです。
また、市販されている縮毛矯正剤を使って自分ですることもできます。
美容室でやるより値段も安く、気楽にできます。
ですが、仕上がりは美容室のようにとはいかないようです。しかも、どうしても傷んでしまうので、やっぱりキレイに仕上げたければ、美容室に行ったほうがいいようです。