乾燥肌とローションパック

乾燥肌のお手入れ方法は、とりあえず保湿が第一です。

まずは水分を補給することです。

美容のことがよく分からない人は、乾燥肌には脂分の多いクリームなどが必要だと思っている場合も多いですが、そうではないのです。
乾燥はまず水分不足です。

オススメなのは、ローションパックです。

乾燥肌でも症状が軽いひとなら、化粧水を多めに付けるようにするだけでも回復してくるかもしれません。

乾燥がだいぶん進んでいるという人は、ローションパックをしてみましょう。

ローションパックは、5分くらいパックしておくと充分みたいです。

コットンに化粧水を含ませてパックするのですが、このコットンが肌の上で乾燥してくるようであれば逆効果になるので気をつけましょう。

コットンパックが終わったら、クリームなどで水分が蒸発しないように蓋をしてあげましょう。

敏感肌のメイク

敏感肌の人は、メイクをしていない人もいると思います。
お肌が敏感になっているときや炎症が起きているときは、保湿ケアだけにしておいた方がいいみたいです。
ですが、安全なメイク用品を選んで、正しくメイクをすれば症状が悪化することは無いようです。

メイクを落とすと気に使うクレンジングは、化粧品の中でも洗浄力が高く、油分が必要になってきます。
汚れを油分で浮き出させて水で洗い流しますので、油と水を混ぜるために界面活性剤が必要になります。

界面活性剤は、汚れに良くなじんで取り除く効果がありますが、肌に染み込んで角質層にある細胞をこわしてしまったり、お肌が弱っているときは強い刺激になることがあります。

アルブチン

アルブチンは、お肌の漂白剤と呼ばれたりしています。
ハイドロキノンの糖誘導体で、美白効果に優れています。
シミの原因はメラニン色素ですが、メラニン色素を合成する役割を持っているチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用を持っています。

アルブチンには、αーアルブチンと、βーアルブチンの2種類があり、美白用の化粧品に使われているのは、β-アルブチンです。
βーアルブチンは、自然界にもあって、ウワウルシというハーブに含まれているんだそうです。
昔から美白効果があるということで使われていました。

ですが、最近になって、こけももなどに含まれているα-アルブチンのほうがチロシナーゼに作用する力が強いことが分かってきて、そちらの方が美白化粧品に多く使われるようになってきたそうです。

40代のお肌

若いときは顔の作りの印象から、年齢より若く見えたりしますが、40代を超えると、素肌の状態で、見た目年齢に違いが現れます。
やはりお肌にハリが合って、潤いのあるおはだが若く見えます。ゴワついていたら、くすみがあると老けた印象になります。

40代は、今前一時的だった肌トラブルも定着し始めるじkです。
皮脂の分泌が減って、新陳代謝が衰えます。
お肌の変化を受け入れながら、ケア方法を変えていかなければなりません。

お肌は約28日周期で生まれ変わります。毎日のスキンケア次第でフォローできます。

便秘薬

便秘薬は、飲むタイミングが大事です。
通常は飲んで6時間から11時間後に便意が起こるとされています。なので、寝る前に飲むのがオススメです。

また、プランタゴ・オバタを含むものは3時間から5時間で効果が現れる場合があるので、薬に書かれている服用回数を参考にして、排便の状態を診ながら飲む回数を決めるといいです。

便秘薬を飲むときには水分を多めに取るほうがいいみたいです。
内服薬の中には、腸で溶けるタイプがあり、このタイプは、胃腸薬や牛乳を飲んだ後1時間以内は飲まない方がいいです。

便秘薬は短期間の利用にしておいた方がいいみたいです。

成長ホルモン

夜眠っている間、カラダの中では成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、細胞の生まれ変わりを促進して、お肌を若く保つホルモンです。

成長ホルモンが一番大量に分泌されるのは、深い眠りであるノンレム睡眠のときだそうです。

眠ってすぐの3時間はノンレム睡眠が長時間現れるので、美肌タイムといえます。

成長ホルモンは、その他に疲労回復、傷ついた組織の再生にも働くので、不調を感じたら、ドリンク剤などを飲んで無理をするのではなく、栄養を摂って早めに寝るのがカラダに備わった自己回復力を上げるコツです。

デコルテのお手入れ

デコルテは、意外と年齢の出る場所です。

顔のお手入れを一所懸命やっている人は多いですが、デコルテまで気を配って毎日お手入れしている人はどのくらいいるでしょう。

最近、フェイスマスクが人気ですが、顔だけじゃなくて、首まであるものも出ていますよね。

エステなどに行っても、「フェイシャルマッサージ」となっていても、お手入れは、首から胸元までやってくれます。

首やデコルテ専用の美容液なども売られていますよね。

私も、ボディ用の乳液を首や胸元まで塗るようにしています。

でも、どうしても顔のお手入れはきちんとやるんですが、首まではなかなかやらないことが多いです。

シミのいろいろ

ソバカスは、メラノサイトという色素形成細胞が日焼けなどによって変質することでできます。

ソバカスもシミの一種です。

子どもからオトナまで幅広く見られますが、原因は遺伝の場合も多いようです。

また、かんぱん(肝班)もシミの一種で、ホルモンバランスの乱れによって現れるようです。

毛穴の周りに出来るシミは、毛穴にたまった汚れなどが炎症を起こして、その部分に紫外線が当たり色素が濃くなるものです。

毛穴の周りのシミは、毛穴を目立たせる原因になります。毛穴が開き気味の人は注意した方がいいようです。

冷え性のタイプ

冷え性って、意外とその人によってタイプがあるようです。

ほとんどは、冷え性が下半身に出るタイプかと思います。

足や腰が冷えて、腎臓や膀胱、あるいは高血圧、糖尿病を併発することもあると言われます。

全身に寒さを感じるといった冷え性が全身に広がっているタイプは、内臓の機能が低下しているので、風邪を引きやすくなったり、疲れやすかったり、消化がうまく行かないといった特徴があります。

冷え性なのに手足がほてり顔はのぼせるというタイプもあるんだそうです。これは症状としては不眠、肩こり、生理不順などがあります。

他に、冷えから自律神経にダメージを受けて、だるかったり自律神経失調症などを起こし、うつ病など精神的な病に発展することが多い気冷えタイプ、血行が悪くなって肌荒れや目のクマ、爪の異常を起こす血行不良タイプもあります。

冬の手荒れ

冬は皮脂の分量が減り、皮膚のバリア機能が低下します。

冷たい風にあたって、血液の循環がわるくなって、うるおいが奪われます。

顔と同じように、手も保湿を心がけ、血行を良くするようにしましょう。

手のマッサージやストレッチをするだけでも血行やリンパの流れがよくなります。

皮膚の表皮には、皮脂膜があり、皮脂膜は、皮脂と汗などからできていて、角質層の水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

石けんや水などで手を洗うことで、この皮脂膜が流れ落ちると、角質層の水分が蒸発して、手が乾燥します。

手洗いや洗い物をたくさんすることで、角質層のバランスが乱れて保水力が失われ、手荒れの原因になります。

手洗いや洗い物をするたびにハンドクリームを使って、皮脂膜を補ってあげましょう。