肌のくすみ大丈夫?

季節が変わって、秋になったと気にファンデーションの色が合わなくなったりすることも。
それは、お肌がくすんでいる証拠だそうです。

夏に保湿を怠ったり、紫外線を浴びたりといった環境の結果、秋になるとおはだがくすんでいる・・ということになることも。
そういった場合、なんといっても、洗顔が大事になってきます。

しっかりとした泡でお肌に刺激を与えずに汚れだけを落とすことです。

それでも、秋になったら、美白対策が重要になってきます。

また、秋から冬にかけて、暖房などが使われだしたり、気温が下がって冷たい風を浴びる頃になると、保湿が重要です。

いつも同じ量のローションを使うのではなく、自分の肌の状態によって、変えていかなければなりません。

それと、秋になっても冬になっても、ある程度の紫外線対策は大事ですね。

O脚は生まれつき?

日本人女性には、O脚の悩みがある人が多いようです。

O脚は生まれつきなので、治せないと思っているひとがおおいようですが、

実は、足がなかなか痩せなくて悩んでいる人の中には、「O脚」の人が多いようですが、O脚は後天的な要因が原因になっていることも多いそうです。
日常生活の中でクセによって体にゆがみが出て、O脚になっている人はけっこう多いみたいです。

O脚となる要因には、癖のある歩き方や、立ったり座ったりするときの姿勢などがあげられます。

小さいころに、歩行器を使った人や、ケガをした人の中にも、O脚になることがあるそうです。

リンパマッサージ

浮腫みは、顔や手足などにみられます。
足の浮腫みは健康な人でも夕方になると重力によって起こることがあります。
浮腫みは水分や老廃物が脚に滞ってたまることによっておこります。
そのまま放っておくと血流が悪くなって、脂肪がつきやすくなるため、脚が太くなりやすくなります。
また、セルライトができる原因にもなります。
セルライトができてしまうと、運動やダイエットではなかなか解消することができないようです。
セルライト除去のためには、リンパマッサージが効果的みたいです。

足痩せとセルライト

セルライトは運動や食事制限といったダイエットではなかなか改善されないみたいです。
セルライトや下半身太りは血行が悪くなっていたりリンパの流れが滞っていることでなるみたいですが、骨盤がゆがんでいることが原因の場合もあります。
骨盤にゆがみがあると、骨盤の中に内臓が落ちコンで、リンパ管や血管を圧迫して、下半身の血行が悪くなるなどといったトラブルが生じてセルライトを引き起こすことになるようです。
そのため、下半身が太くてなやんでいる人は、まず骨盤のゆがみをチェックすることが大事です。
また、セルライトを無くすするために必要なのは、入浴して、マッサージをして血行を良くすることなどが効果的みたいです。

更年期障害の原因

更年期障害は昔は原因や症状があまり良く分かっていなかったし、病気といった認識もなかったようです。
更年期障害の原因はいろいろあり、その中で多く見られるのは、ホルモンのバランスの乱れです。
45歳から55歳くらいの女性の卵巣の機能が衰えて、女性ホルモンの分泌に変化が現れます。
閉経前後のこの時期にはカラダと心のバランスが崩れる原因がいろいろとあって、更年期障害を呼び起こしていると言われます。
卵巣の機能が低下するとエストロゲンが減少して、この不足によって、脳にストレスを与えます。
これが更年期障害の一つの原因になっているようです。