高齢者のお肌のお手入れ

最近はお歳を召した方でも、きれいにお化粧していてステキですよね。
やっぱり女性はいつまでたってもキレイで居たいと思う気持ちが大切だと思います。

高齢者の女性の場合、長い人生の間に、基礎化粧品によるお肌のお手入をずっと続けてきた人々がほとんどだと思います。

高齢になるほど、お肌の脂分水分は失われます。さらにお肌の内部のコラーゲンやエラスチンもなども減ってしまいますから、トラブルはどうしても目に見えてきます。

メイクをすることが、少なくなる人もいると思います。そういうときはクレンジングなども必要なくなります。化粧水による保湿と、乳液かクリームによる保護くらいはしたいですね。

サーマクールで老化予防

20代前半で、お肌のたるみやシワの予防のために、サーマクールなどを取り入れている人は少ないです。
20代前半なら、まだ老化が現れるということはないですが、最近は、食生活や生活習慣の変化や、環境の汚染、紫外線などで若くてもお肌の老化が進んでいるということもあるようです。

ですが、すでにたるみなどが現れているのを改善するのと、将来のお肌の老化の予防に受けるサーマクールでは効果の感じ方が違います。

もともとシワやたるみといったトラブルがある人の方が効果が分かりやすいので、受けたという実感があります。

若くたるみなどのトラブルも無く予防のためにサーマクールを受けると、効果はほぼ感じられないといった気持ちになることもあります。

ですが、実際シワやたるみが気になるので、改善したいという30代あたりからの女性がサーマクールを受けることが多いようです。
料金も安価ではないので、若いうちから取り入れられるケアとはいえません。

「目の下のたるみ、どうしたら」の答え

ほうれい線が気になる・・・

加齢によって、お肌のくすみ、クマ、シワ、たるみといったトラブルが生じてきます。

お顔は、とくに衣服などでカバーされることもなく、紫外線や乾燥といった刺激にさらされているので、年齢の影響を受けやすいといえます。

長い間、一緒に生活した肌なので、衰えても仕方ないと感じるかもしれません。

女性が特に年齢を感じる部分として、ほうれい線がありません。

このほうれい線は、小鼻の両側から、口元に向かってできるシワのことです。

頬のたるみとも関係しているので、たるみなのかシワなのか?と思うこともあります。

これは加齢によってできるシワですが、顔は精神的な状態も出るので、ストレスを感じやすい人ほどほうれい線が出やすいということもあるようです。

危ない便秘

便秘は、不快な症状には悩まされている人は多いですが、それによって命の危険にさらされるということはあまりないですよね。

ですが、同じ便秘でも、何かの病気によって起こっているものは、危険なものもあるので、治療が必要となるものもあります。

ですが、スムーズに排便ができないからといって全部が病気ではないので、それを見分ける方法はあるのでしょうか。

こういった場合、例えば一つの目安になるのが、便の色や形です。

血が混じっているというのはもちろんですが、粘液が混じっていたり、やけに黒かったり、赤い便・灰色の便というのも異常があると思われるので、病院で検査してもらいましょう。
形の整わない便が出る、便が細くなる、強い腹痛や嘔吐の有無というのもチェックしたいポイントです。

ブラッシングによる抜け毛予防

ブラッシングは、やり方によって、抜け毛予防になったり、逆に頭皮を傷つけたりしてしまうこともあります。
ブラッシングは、毛先が少しぬれている状態でするといいらしいです。
でも、濡れすぎは注意です。キューティクルを傷つけてしまうことになるので注意しましょう。

使うヘアブラシは、豚毛、イノシシの毛など摩擦が発生しにくい素材がおすすめです。
ブラシの先はなるべく丸くなっていて、目の大きさは細かすぎないものがいいです。

ブラッシングするときは、頭皮に押し付けないようにします。
ブラッシングしていて、髪がからまったら、無理にひっぱらずに、ゆっくりと解いていきます。

関節痛のセルフケア

関節痛のケアはまずひざや股関節への負担を減らすことです。
とくに大事なのは体重のコントロールです。
体重が5kg増えると、関節にかかる重さは15kgも増えるんだそうです。
なので、適正な体重をキープするように気をつけることが大事です。
トイレは和式よりも様式を使ったり、正座は避けるなど関節を痛めない動作をしましょう。
体重のコントロールや、ありの筋肉を鍛えるために、おすすめなのがプールの中で歩くことです。
浮力で、関節の負担を少なくして筋肉を鍛えることができます。
痛みが軽いうちに、コンドロイチンやビタミンB群が含まれている内服薬を飲んで、カラダの内側からの改善も心がけるといいです。

日焼け止め

紫外線の対策をすることは、シミのケアの第一歩といえます。
その紫外線対策ですが、ほとんどの人は日焼け止めを利用していると思います。
日焼け止めには2種類あり、大きく分けて「紫外線吸収」と「紫外線散乱」があります。
どこがちがうかというと、成分と特長です。

紫外線吸収剤は、紫外線が肌の内部に入らないように、お肌の表面で紫外線を吸収するものです。
紫外線を防ぐ力が高いのですが、その分お肌への負担が高くなります。

紫外線散乱剤は、紫外線を乱反射させ、内部への侵入を防ぎます。

特殊なカッティングをした粉が、紫外線を散乱させて、紫外線の侵入を防ぎます。
紫外線吸収剤より防ぐ力は劣りますが、への負担は少ないようです。
赤ちゃん用の日焼け止めや敏感肌用の製品で多く使われています。

光脱毛と永久脱毛

光脱毛の効果は、今の時点では歴史も浅く、個人差があるようで、永久脱毛と完全に言い切れるものではないようです。

光脱毛の効果は、1回脱毛をすると最低1ヵ月は、効果が続き、ツルツルのお肌を保てますので夏の季節にするといいようです。

また、光脱毛の効果として、毛穴引き締め効果があり、光脱毛をすると美肌にもなれちゃうそうです。

光脱毛は、1回の施術ではなく1ヵ月に1回程を5回以上続けて行う事でより効果を確実にすることができます。

確実に永久脱毛をしたい人は、ニードルを使った脱毛方法がいいようですが、ニードルはかなり痛い場合があるので、耐えきれなくてやめちゃう人もいるみたいです。
でも、永久脱毛効果があるみたいので、費用の面から考えれば安心できますよね。

胃のトラブル予防

胃は、ストレスの影響を受けやすいといわれています。
そのため、リラックスする時間を作ることは、胃のトラブルには効果的です。
気分転換をして心もカラダも軽くします。
また、胃のためには、食生活も大事です。
暴飲暴食はもちろんダメです。
お酒を飲んだ次の日の朝は、軽い胃炎といえるくらい胃が荒れているんだそうです。
また、香辛料やカフェイン、脂肪分などの摂り過ぎも胃に良くないです。

脚ヤセに効果的な入浴方法

湯船につかることは、リラックス効果や疲労回復のためには良い方法です。

入浴にも、脚ヤセにつながる方法があるので紹介します。

お湯はぬるめで、まず膝下までつかります。そうして充分に温まったら、太ももまで浸かります。
そのあと腰まで浸かってから、体全体を湯船に入れます。

脚ヤセにつなげるためには、体の芯からあたためることで、血液の循環が良くなって、脚に付いた脂肪も落ちやすくなるそうです。