顎関節症とは

顎関節症は、アゴが痛かったり、口を開けるたびにアゴの音がなるという症状です。
症状は子どもからお年寄りまで現れ、20~30代の女性に多いといわれています。
痛みのほかに、低いゴリゴリという音や、口を開けるとガクンというような音がするという2つのタイプが多いようです。

原因は、その人によって違い、さらに症状にも違いがあります。
症状や分類の診断は、エックス線撮影法やMRIなどで調べて、合わせて顎運動検査、関節鏡による診断も行われます。
治療は、症状にあわせて方法がいろいろあり、顎関節症の原因になっているものを特定して、改善するための治療が行われます。

レモンとベルガモット

気分が沈みがちなとき、不安なときなどは、レモンのアロマオイルがオススメです。
カラダがだるかったりするときにもいいので、なんとなく気分が優れないときには使ってみましょう。
また、集中力がアップするという効果もあるので、勉強に集中したいときなどは、レモンの香りをお供にしてみましょう。
他には、ベルガモットというオイルもオススメです。
気分をリラックスさせてくれますので、不安や心配があるときには効果的です。
アールグレイの香りはベルガモットの香りなので、一番簡単に取り入れるには、アールグレイの紅茶を飲んでみるのもいいかもしれませんね♪

白髪と頭皮マッサージ

白髪対策には頭皮マッサージも効果的のようですよ。
頭皮をマッサージすることは、白髪だけではなく、顔のたるみやくすみなどの予防にもなるそうです。
その他には、抜け毛防止にもなるようですよ♪
マッサージは必要以上にする必要は無く、1日3分程度でいいみたいです。
最近人気なのはヘッドスパですよね。
頭皮の汚れを取ったり、マッサージして血行がよくなると、本当に顔の疲れも取れますし、コリもほぐれって、サッパリするのでオススメです。

>>自宅でカンタン白髪染め!

クレンジングと洗顔

クレンジングは、ぬるめのお湯で毛穴を開いてメイク汚れを浮き出させて落とすといいようです。
お湯の温度は30度から33度くらいがいいそうです。
この温度は、クレンジングオイルを使っている人は、オイルが乳化して白っぽくなり、汚れが流れやすい状態になる温度です。

クレンジング剤は肌にできるだけおかないようにして、すばやくなじませ、洗い流すのがいいようです。
洗顔するときは20度くらいの温度でするといいそうです。
20度くらいというと、かなり冷たいと感じる温度ですが、お肌の水分を逃がさずに、毛穴を引き締めるのに良い温度なんだそうです。

ミントを使ってリフレッシュ

アロマエッセンスのミントは主に鎮静作用があると言われています。
使うときは、全体の0.5%以下になるように調合します。
ごく少量ということです。
お湯をはった洗面器などにミントを数滴落として、立ち上ってくる香りを数個とでリラックスすることができます。
鼻や口にはいいですが、目には刺激があるので、目は閉じて行う方がいいみたいです。
ミントにはイライラを解消する効果があるので、元気が無いときやうつの気分を改善するときに使うといいです。
眠気覚まし効果もあるので、朝にペパーミントティーを飲むとすっきりした気分で仕事を始められます。
集中力があがるので、テスト勉強などのときにもオススメです。