シワをなくするために

シワは顔を老けて見せるので、いらないですよね。
でも、一度できたシワを元通りにするのはとっても難しいです。
シワができないようにする予防が一番のようですが、できてから気付くことがおおいです。
なので、小じわが見つかったら、すぐにお手入れしたほうがいいです。
深くなってしまったシワも、長い目で見てお手入れすれば、よくなることも可能のようです。
もちろん、お金があれば、美容外科で取ってもらうこともできますしね。
長期的には、化粧品やサプリメントでケアしていくことしかないですが、正しい方法さえ身に付ければ、シワを無くすこともそう難しいことではないのかもしれません。

肝斑の改善法

最近、CMなどで注目されることとなった、肝斑(かんぱん)ですが、肝斑の原因は、紫外線だけではなく、ホルモンのバランスやストレスによってできるしシミとされています。

30代以降の人に多く、頬骨のあたりなどに、左右対称に現れるのが特徴です。

CMでは、第一三共ヘルスケアから発売されている「トランシーノ」によって改善されるようです。

トランシーノは、飲み薬で、今のところは、このトランシーノを使って、カラダの内側から改善していくのが一番良い方法のようです。
肝斑は、一度改善されても再び出てくることがあるようです。
また、60代以降になると改善されることが多いようです。

無添加化粧品の秘密

無添加化粧品は、特に法的な基準はありません。
以前は、厚生省によって、アレルギー反応を起こす可能性がある成分について表示が義務付けられていましたが、2001年からは配合されている全ての成分の表示が義務付けられるようになり、アレルギー反応を起こす可能性のある102種類が配合されていなければ無添加化粧品であるとするメーカーもあるようです。
無添加化粧品といっても、メーカーによって基準がいろいろあるようです。

化粧品を作るためには、化学物質を使わなければならないのですが、安全性が確認されていれば特に心配はないようです。
化学物質の中で注意が必要といわれているものには、パラベン・環境ホルモン・石油系の合成界面活性剤どです。
化粧品を買うときには、「無添加」という表示だけに惑わされず、成分表示をちゃんと確認したほうが良いでしょう。

秋メイク

肌のデコボコやくすみを補整して、化粧モチを良くしてくれるのが下地で、お肌に透明感を与えてくれるのがコントロールカラーです。
お肌の悩みに合わせて使います。

下地も、毛穴を目立たなくするものから、お肌にツヤを与えるものまで、さまざまあります。
自分に合ったものを選ぶと、本当になりたかった肌になれるくらいなので、ファンデーションの仕上がりに満足していない人は下地選びも慎重にしてみるといいかもしれません。

ハイライトは、光の効果で、目元のくすみなどをカバーします。

目頭から、目じり、頬の上部を結ぶ点を結んだ三角形のゾーンは、とってもくすみやすい部分なので、この部分を明るくすることではだ全体がトーンアップします。
つけるときは指でポンポンとたたくようになじませます。

他にも、目頭や目じりのくぼみ、口角の陰になっている部分に使うと、口角が上がって見えます。

ストレスと美肌

ストレスがたまってると感じる女性は多いと思いますが、お肌にも悪影響があるので、注意したほうがいいようです。

ストレスにはいろんな悪影響がありますが、自律神経の働きが上手くいかなくなり、肌のターンオーバーが狂って、シミの原因になることもあるそうです。
そうなると、美肌のためには、ストレスをためるような生活はよくないということになります。
また、ストレスによって、食欲がなくなると、必要な栄養素を充分に摂ることができなくなるので、本当であれば、きちんと食事を摂ったほうがいいのですが、どうしても食べられないときは、サプリメントを利用するのもいいかもしれません。

PMSによる肌荒れ

生理前になると肌荒れするという女性がいます。
生理前になると肌荒れする原因には、月経前症候群(PMS)によるものがあげられます。

月経前症候群の症状は、肌荒れだけではなく、精神的に不安定になってイライラしたり、うつのような症状になったり、眠くなったり、頭痛がしたりという症状があげられます。
月経前症候群は、生理にともなう、周期的なホルモンの変化によるものだそうです。

生理前の肌荒れが、月経前症候群かどうかは、生理になると治まるかどうかによってわかります。

月経前症候群の症状を無くす薬は無いようですが、いくらか症状を和らげるサプリなどは販売されています。

肌荒れの場合、多少は、化粧品や、日ごろの食生活によって改善されるかもしれません。

もし、月経前症候群の症状であれば、お医者さんに相談してみるのもいいと思います。
>>生理前専用サプリ

セルライト

セルライトは、食事制限をしたり、運動をしたりといったことでは取れません。

セルライトは、皮下組織の中にある老廃物と水分で、お尻やふとももなどの脂肪の多いところにできやすく、脂肪のデコボコとした部分のことです。
原因は、代謝不良や血行が悪くなったことです。
老廃物を取り除くには、温冷浴やリンパマッサージなどが効果的のようです。

セルライトを減らす方法は、水中ウォーキングが効果的のようです。
泳げない人でも、歩くだけなので誰でもできます。
さらに、ひざや腰を痛めている人でも、普通の運動より、負担が少ないので、オススメです。

泳ぐのが得意だという人は、泳ぐほうがいいみたいですね。

巻き爪

巻き爪は、爪が巻いた状態になり、他の指に現れることもありますが足の親指によく見られる症状です。
爪の横が曲がって、皮膚にくいこみ、痛みを感じます。
進行すると、陥入爪と呼ばれる症状になります。
爪のかどが肉にささって、痛くなります。こうなると、歩くだけでも痛くて、足をかばって歩くようになるので、全身のバランスを崩してしまい、腰痛や膝痛などを引き起こす原因になることもあります。

巻き爪は、日本人の10人に1人がなっていると言われていて、なるときは両足なる人が多いみたいです。

原因は主に、合わない靴に圧迫されてなる場合や、爪きりによるもので、爪のかどを切ってしまうことが原因のようです。

ニキビとケミカルピーリング

ニキビはケアしないでいると、炎症を起こしたり、真皮が傷ついて、にきび跡になることもあります。

ニキビが悪化してしまったときは、専門医に診てもらうほうがいいでしょう。

皮膚科のにきび治療は、薬を飲んだり、付けたりといったことが一般的です。
最近では、皮膚を再生させる治療、ケミカルピーリングが人気のようです。

ケミカルピーリングは、ニキビ跡が残った部分の皮膚を溶かし、新しい皮膚を再生させて、健康でキレイな肌を取り戻します。

ケミカルピーリングは、酸を使って、酸化した脂や毛穴に詰まった角質を取り除きます。

日焼けのあとケア

日焼けをして赤くなっているときは、冷やすことが大事です。冷たく冷やしたタオルなどを当てて冷やします。
また、炎症を抑えるような、カラミンローション(カーマインローション)などでほてりを抑えるようにするのも良いです。

赤くて少し痛いくらいならいいですが、水ぶくれになったりしているときは、皮膚科に行ったほうがいいようです。

日焼け後は、皮がむけてきますが、無理にはがさないで、自然にはがれて落ちるのを待ちましょう。

日焼け後には、メラニン色素ができたり、沈着してしまわないように、積極的にビタミンCを摂るようにするといいみたいです。