抜け毛とヘアサイクル

ヘアサイクルという言葉を聞いたことがありますか。
ヘアサイクルとは、毛髪の状態が成長期間から移行期間、休止期間へと変化していくことです。
それぞれの期間の日数は、成長期間が約2~7年、移行期間約2~3週間、休止期間が約3ヵ月と言われています。

抜け毛の悩みを持つ方であれば、避けて通ることが出来ないのがヘアサイクルです。。

このヘアサイクルの期間には個人差があり、ケアのやり方や、性別差、健康状態なども関係しています。

正しいヘアサイクルだと、髪の毛が抜けてから、毛髪が再度生えて来るのは、3ヵ月程経ってからになります。

男性ホルモンの影響やストレス、栄養不足などが原因となって、ヘアサイクルに少しずつ狂いが生まれてきてしまいます。

抜け毛を防ぐために正常なヘアサイクルへと立て直し、その状態を保ち続けることです。

年齢とダイエット

歳を取るにつれてカロリーを消費しにくいカラダになっていきます。
この原因は基礎代謝の低下や筋肉の衰えなどが原因です。

体重が増えたり減ったりするのは、摂取カロリーと消費カロリー
のバランスで決まることはだれもがご存知と思いますが、消費カロリーが若いときより減っているのにもかかわらず、食事量が昔と変わらないとすれば、歳とともに太りやすくなります。

ダイエットは自分がどのような食べ方をしているのか見直すことからです。
ビタミンやミネラルが不足すると痩せにくいカラダになります。
食事は主食、主菜、副菜などがバランスよく取れるような定食のような献立がオススメです。
肉を食べるときは、煮たり蒸したりなどカロリーが低く抑えられるような調理法で食べましょう。
そして、ゆっくりとよく噛んで食べます。
食事の最初に、汁物などの水分をとるようにすると食べすぎないようにすることができます。

コエンザイムQ10

老化の原因のひとつは、カラダの酸化によるものです。年齢とともに、カラダが錆びていっているということになります。

活性酸素から守るというのはいわゆる抗酸化作用で、抗酸化作用の効果は、あらゆる病気から身を守ってくれます。
カラダが酸化してしまうと、老化だけでなく大きな病気になる原因を作ってしまいます。

大きな病気とは、例えばガンや動脈硬化などです。
コエンザイムQ10の働きは、活性酸素からカラダを守ってくれます。

もともとコエンザイムQ10は、カラダの中にあるもので、加齢とともに減っていきます。
カラダの中では重要な存在でありながら、加齢とともに減るスピードがはやいので、コエンザイムQ10が老化のカギを握っている物質であると考えられています。

生姜紅茶

生姜紅茶の入れ方は簡単です。

普通に紅茶を入れるときに、ポットの中にすりおろした生姜を一緒に入れて蒸らすだけです。

生姜は風邪をひいたときにも効果があるといわれています。冷え性の人と風邪をひきやすい人は生姜紅茶を飲むといいと思います。

生姜紅茶の一番の効果としては、身体を温めてくれることですが、さらに、生姜紅茶には利尿作用や、脂肪の燃焼を助ける働きもあります。ダイエットに利用しているひともいるみたいです。

生姜をいちいちすりおろすの面倒な人は、チューブに入ったおろし生姜を使ってもいいですね。

豊胸術の流れ

いろいろな豊胸術がありますが、どれを洗濯しても、まず最初にカウンセリングをうけます。

カウンセリング時に、希望を伝えたり、不安な点は質問をするといったことをします。また、どんな方法で施術するのか、サイズはどのくらいアップしたいのかなどを話し合います。
カウンセリング時には、疑問などがなくなっているようにしましょう。
あとは、問診と検査をして、体の状態を診ます。

麻酔はほとんどが局所麻酔ですが、全身麻酔する場合もあるようです。

バッグを利用する場合は、わきの下を切開して挿入しますが、時間が経てばほどんど傷痕はめだたなくなるようです。
最後はマッサージなどのアフターケアを行って終了です。

大雑把に言ってこのような手順で施術が行われます。

ヒアルロン酸などを注射で注入するときは、切開などは行いませんが、手順はこのような順番で行われます。
大事なことは、事前のカウンセリングを納得いくまで受けることと、アフターケアをきちんと受けることです。

デトックスとハーブ

デトックスの方法ですが、アロマを使ったデトックスの方法をご紹介します。
ハーブの中には、利尿作用や発刊作用のあるものがあります。
オススメは、ローズヒップやローズマリー、ペパーミントなどのハーブティーです。
また、タンポポも利尿作用の高いハーブです。

足のむくみなどが気になる人は、ローズマリーのドライハーブを細かくパウダー状にして、天然塩と混ぜたものを入れて、足湯をしてみましょう。
天然塩は、発刊作用があり、収れん作用のあるローズマリーと使うと、血液の循環が良くなり、足の疲れがよくなります。

ルイボスティー

カフェインがニガテで、今までお茶といえば杜仲茶とか飲んでいたのですが、先日ルイボスティーのサンプルをいただいたので飲んでみたら、おいし~♪
ルイボスティーという名前を聞くようになってから、うすら10年以上は経っていると思うんですが、初めて飲みました。
なんというか、クセが無い。
お茶葉自体の味はしないんですが、発酵した香りが。それが爽やかなかんじ。

普通にお湯で入れて飲んだのですが、これからの季節は、冷たくしても良さそうです。

効果は、便秘に効果があり、抗酸化作用もあるとか。

ルボスティーをティーバッグに詰め、お風呂に入れると湿疹やにきびにも良いとか。

なんか、花粉症にもいいって聞いたことがあるんですが?

>>ルイボスティー お試し

血液クレンジング療法

アンチエイジングの治療の中で、注目されているのが血液クレンジング療法です。

これは、血液を取り出し、オゾン処理を行って血液を活性化させ、血液を若返らせる方法です。
血液クレンジング療法を行うと、血行が良くなって、カラダのすみずみにまで十分な栄養がいきわたるようになります。
カラダが温まり、カラダの不調が改善されます。

血液を若く保つためには、カラダを冷やさないようにすることだそうです。
例えば、冷たいものの食べ過ぎに気をつけたり、カラダを温める食事や、食材を使った料理などを気をつけて摂るといったようなことです。

運動とアンチエイジング

健康のために運動していますか?
筋肉の量を維持する運動は、アンチエイジングには不可欠です。
カラダを疲れさせるほどの運動は必要ありません。健康を維持するためには、日常の生活に取り入れやすいものがいいです。

とくに、アンチエイジングには、インナーマッスルを鍛えると効果的です。姿勢も良くなりますし、肩こりやカラダのゆがみなどが良くなります。
カラダの中心部にある大腰筋が衰えると足腰が弱り、転びやすくなります。
どんな年代の人でも行いやすいのは、やはりウォーキングです。

先日テレビでやっていたのですが、スロージョギングがとてもカラダにいいそうです。
スロージョギングは、歩くくらいのスピードでゆっくり走ります。
背筋を伸ばしてやや前傾姿勢で走ることがポイントだそうです。

ヒアルロン酸でアンチエイジング

ヒアルロン酸の注射による美容整形は、保険診療の適用になりません。
ヒアルロン酸の治療は、ほうれい線や額のシワ、眉間のしわなどを目立たないようにすることが出来ます。

シワの気になる部分に注射器を使って、ヒアルロン酸を注入するだけなので、施術時間も10分程度で、その日にメイクをして帰ることもできます。
ヒアルロン酸を注入すれば、その場ですぐ効果を感じることが出来ます。

ヒアルロン酸の効果は、永久に続くわけではなく、人によりますが、半年くらいで吸収され元に戻ります。
そのため、効果を持続するためには、定期的にヒアルロン酸を注入することが必要です。