ニキビ治療

赤くはれる炎症性ではない、炎症性のニキビの場合、治療にはホルモン剤や外用薬イオウが使用されます。

非炎症性のにきびの治療は、皮脂の分泌を抑えるの画必要で、皮脂の分泌には男性ホルモンの一つであるアンドロゲンが深く関わっているとされています。

ホルモン剤として用いられるジオール、メサルモンFは総合女性ホルモンで、皮脂の分泌を抑制する作用があるとされています。

また、イオウを含むローションをニキビの部分に塗って、毛穴を開き、詰まった皮脂を出やすくする方法もあります。

クレアラシルのような薬は、イオウとレゾルシンを含んでいて、比較的使いやすいようです。

コーヒーダイエット

コーヒー好きの人も多いと思いますが、私の場合、気分を落ち着けるために、会社に行く前に必ずコーヒーを一杯飲んでいきます。

コーヒーはダイエットにも効果があるらしく、コーヒーを飲むと脂肪が分解され、血中に脂肪酸として放出されます。
その時に運動をすれば脂肪が燃えて、ダイエットの効果が得られるようです。

コーヒーダイエットというのは、運動をする前にコーヒーを飲むようにするというダイエットです。
スポーツクラブなどに行く前とか、これからお買い物に行くのに歩くとかいう前にコーヒーを1杯飲んでいくというのもいいでしょう。

お風呂の前に飲むのもいいようです。あと、掃除を始める前に飲むのもいいかもしれませんね。

コーヒーには精神安定効果もあるので、ダイエットするときにはいいかもしれません。

おやつを食べたくなったらとか、決まった時間に自分の好きな音楽を聴きながら飲むとか、リラックスタイムを作ってみるのもいいですね。
といっても、私がコーヒー好きだからですけど。

コーヒーのカフェインが脂肪を燃焼する助けをしているので、紅茶でも同じような効果があります。
コーヒーがニガテ。。という人は、紅茶でもOKなんです。

あと、コーヒーにはミルクと砂糖を入れるのが大好きという方も要注意です。砂糖とミルクはカロリーがあるので、たくさん飲むと逆に太ってしまうかもしれません。

便秘に効くヨーグルト

便秘の解消によいといわれる食品はいろいろとあります。

その中でも人気なのはヨーグルトですよね。どこでも変えるし、値段も安いです。おやつ代わりにもなるので、お腹のために食べている人は多いと思います。

ヨーグルトが便秘の解消に役立ってくれるのは、善玉菌のビフィズス菌が関係しています。

人間のお腹の中には、悪玉菌と善玉菌が存在していて、その細菌のバランスが悪玉菌に傾くと、腸の働きを悪くして便秘や発がん物質を作り出すというトラブルを起こします。

反対に腸内の善玉菌が増えると、腸の働きが整いスムーズな排便が起こります。

その善玉菌を増やすためのラクチュロースやラクトフェリンを豊富に含んでいることから、ヨーグルトには便秘を改善する効果があるといわれているのです。

キムチとダイエット

よく、キムチはダイエットに効果があるって言いますが、本当のとこはどうなんでしょう。

日本のスーパーなどで売られているキムチは、ほとんど浅漬けタイプのものなので、発酵が不十分のようです。十分に乳酸発酵された韓国のキムチは、お腹の調子がよくなって、余分な脂肪を溜め込まないような効果もあるようです。
日本のキムチではダイエット効果は期待出来ないようですね。

ダイエットするためのキムチなら、韓国のキムチです。

キムチは、食べ物の組み合わせによってより効果がアップするらしいです。それは納豆。キムチと納豆の組み合わせは抜群です。

ダイエットなら、韓国のキムチがオススメです。通販やお店で探してみたいものです。

アスタキュア モイスチュアプロテクト

アスタキュア モイスチュアプロテクトは、アスタキュアの日焼け止めで、使用感はサラッとしたタイプで、べたつきは全くないので、夏の暑い時期に使う日焼け止めとしては使いやすいと思います。

アスタキュア モイスチュアプロテクトの特徴は、やはりアスタキサンチンを中心としたいろいろな美容成分の配合です。

日焼け止めだけでなく、肌に優しくという点を重視していて、肌を痛めてしまうということはないようです。

また、日焼け防止とともに、肌のケアもしてくれるという点においても、かなり優秀な化粧品かと思います。

アスタキュアのいい所は、アスタキサンチンの良い部分を最大限生かす配合を行っている点で、その長所を引き出す研究を常に行っている事で、このような商品を開発できるのでしょう。

ワキガチェック

自分がワキガかどうかを自分で判断するのは難しいものです。
人に聞くのが早いのですが、人に聞きづらいし、聞かれた人も答えづらいですよね。

そこで、自分でワキガかどうかチェックすることができるので、気になる人はチェックしてみてください。

1.普段ワキのニオイが特に気になっている。
2.兄弟や両親にワキガの人がいる
3.耳のアカが湿っている
4.毛深い
5.ワキの汗ジミが黄色くなる
6.肉や油っこいものを好んで食べる
7.タバコを吸う
8.ストレスを感じやすいと思う
9.運動やあまりしない
10.お風呂は嫌い

7個以上当てはまったら、ニオイが人に気付かれるくらいになっている可能性があります。

においはある程度生活の中で予防していくこともできるので、カラダを清潔に保つなどにおいを軽くするよう努力しましょう。

当てはまるからといって必ずニオイがしているとは限りませんので、本当に気になる人は皮膚科を受診しましょう。

プチ豊胸

手軽に豊胸が出来ると好評の豊胸術に、プチ豊胸と呼ばれるものがあります。

仕上がりも自然で、見た目・さわり心地など、どれをとっても人に気づかれることはありません。

バストの悩みというのは、大きくしたいという悩みだけではありません。

他にも大きさが左右違うという人や、バストが離れて外側を向いているなど人それぞれさまざまな悩みがあります。

プチ豊胸術なら、こういった細かな悩みでも対処することができます。

専門のクリニックでカウンセリングを受け、気になるところは全て話すと、きっと満足のいく仕上がりになることでしょう。

爪の異常

ネイルと表される時は、ネイルアートなどの爪のオシャレを示す用語です。
例えば病気で病院に行く時は、爪に施したオシャレなどははずして行ったほうがよいでしょう。

爪の病気で有名なのは爪真菌症といって、爪の水虫です。原因は真菌で、その餌は爪を形成するケラチンです。放っておけば進行する一方なので、気がついたら早く受診しましょう。塗り薬と内服薬で完治するものです。

ばち爪は爪の中央が異常に盛り上がり、爪の先端を覆う形となる爪です。

これは内臓疾患が原因となる場合に表れることが多く、肺の病や気管支炎などの場合にも現れます。重い病気であることもありえます。

爪甲萎縮症といって、爪そのものが小さく脆くなることがあります。皮膚や内臓に疾患がある事が原因です。

透明肌とパウダーの使い方

油分の多いベースをしっかり肌に密着させるためにパウダーを使います。

透明肌を作るためのパウダーの使い方ですが、パウダーをパフにタップリとってパウダーが見えなくなるくらいしっかりもみます。
パフを2つに折ってもんでも良いですが、2個のパフを使うとラクです。

こうやってもんでパウダーが見えなくなったパフで軽く肌に押し付けるようなかんじで付けていきます。

これは、パウダーの厚付き防止のための一手間です。

パウダーはなるべく大きめの物を使うほうがきれいに仕上がります。

付属の小さなパフを使ってちょこちょこつけていてもムラになるばかりです。

全体にパウダーがいきわたったら、粉っぽいところは、大きなブラシを使って、余分なパウダーを落とします。

月経前症候群とお風呂

精神的ストレスを取り除いて、体全体の筋肉を和らげるという月経前症候群の治療がありますが、自宅や温泉など、お風呂に入って気分も体もリフレッシュするといいというものがあります。

お風呂の湯船につかる事で、筋肉の緊張が和らぎ、精神的リラックス状態になってきます。

さらに、お風呂に入ると、体の新陳代謝が良くなり、体全体の血液の流れがよくなり、老廃物を外へ排出しやすくなります。

血液が温まり、体全体に流れる事により、頭痛や、体のむくみ、下腹部痛、イライラ等の症状が緩和されます。

自宅でお風呂に入るときは、ちょっとぬるめのお湯にゆっくり入り、のぼせないようにできれば半身浴で20分くらい浸かりましょう。

リラックスした気分で、風呂に入ると副交感神経が働いて全身の緊張がほぐれ、ぐっすり眠る事もできます。