クロム

クロムは、インスリンの働きを強くして、糖質の代謝を助けてくれます。
そのため、血糖値の上昇を抑え、糖尿病を予防できるといわれています。
そのほかに、脂質の代謝をよくする働きもあり、血液中の中性脂肪やコレステロール値が正常に保たれ、動脈硬化や高血圧の予防も期待できるそうです。
カラダの中には、生まれたときから、クロムがありますが、食事などで補給しないと歳をとるについて減っていきます。

クロムが多く含まれる食品は、牛のもも肉やパン、カキ、ジャガイモなどです。

加工食品や外食が多い人や、糖質・脂質の多い食べ物が好きな人、食事の量が少ない人などは、積極的に摂るように心がけるとよいようです。

アンチエイジングドッグ

アンチエイジングドッグは、カラダの老化の程度を知ることができる検査です。
アンチエイジングドッグでは、現在のカラダの老化の度合いを知るほかに、これから老化を促進すると思われる老化危険因子についても調べます。
そのため、老化によってこれから起こりうる、体の変化や病気などの予防をすることができます。

主な検査項目は、血管年齢検査や骨年齢検査、筋肉・体脂肪量検査、ホルモン濃度測定、抗酸化力測定、酸化ストレス度測定、有害重金属検査などです。

その他に、腫瘍マーカーや免疫機能検査、高次脳機能検査などをする医療機関もあります。

アンチエイジングドッグで老化の進んだ部分を見つけて改善していくことで、健康な老後を手に入れることができるでしょう。

子宮脱

子宮脱という病気は、あまり知られていませんが、経験者は少なくないようです。
子宮脱という病気は、子宮が下がって膣内外に脱出する病気です。

骨盤の中にある臓器は、骨盤の底にある筋肉やじん帯などの”骨盤底筋群”によって支えられています。
この組織がゆるんでくると、骨盤の中にある臓器がどんどん下がって膣の中に落ち込み、外に出てきてしまいます。

症状としては、下腹部の緊張感や腰痛、便秘、おりものの増加などの症状があります。
その他、排尿困難、頻尿、尿漏れなども起こすといわれています。
子宮脱の治療には、ペッサリーというリング状の器具を膣に挿入して落ちてきた子宮を元の位置に戻すという方法があります。

運動とアンチエイジング

健康のために運動していますか?
筋肉の量を維持する運動は、アンチエイジングには不可欠です。
カラダを疲れさせるほどの運動は必要ありません。健康を維持するためには、日常の生活に取り入れやすいものがいいです。

とくに、アンチエイジングには、インナーマッスルを鍛えると効果的です。姿勢も良くなりますし、肩こりやカラダのゆがみなどが良くなります。
カラダの中心部にある大腰筋が衰えると足腰が弱り、転びやすくなります。
どんな年代の人でも行いやすいのは、やはりウォーキングです。

先日テレビでやっていたのですが、スロージョギングがとてもカラダにいいそうです。
スロージョギングは、歩くくらいのスピードでゆっくり走ります。
背筋を伸ばしてやや前傾姿勢で走ることがポイントだそうです。

冷え性は女性に起こりやすい

冷え性は、男性より女性に多いですよね。
冷え性は、血液の循環が悪くなることで起こり、よく起こる部分は、手足の末端であることが知られています。
また、下腹部も冷えが怒りやすい部分です。

女性の体が冷えやすい原因は、男性に比べると女性は、熱を作り出す筋肉が少ないためと考えられています。

毎月の月経も冷え性の原因となり、月経時にカラダの台車昨日が弱まり、一時的にも貧血になることが冷えと関係しているようです。

女性はさらに、排卵、月経の周期があるので、ホルモンの分泌が複雑で、ホルモンバランスや自律神経のバランスを崩しやすいということも、冷えやすい原因の一つのようです。

冷え性は、病気とまでもいかないものが多く、放っておくといろいろな身体の不調が現れてきます。

冷え性をそのまま放置しておくと、月経不順や月経困難症、子宮内膜症などの病気を起こしやすくなり、症状が悪化すると卵巣機能が低下して、無月経や不妊症なども併発することがあります。

たかが冷えと甘く見ないで、辛いときなどは病院で相談してみるといいでしょう。

コーヒーダイエット

コーヒー好きの人も多いと思いますが、私の場合、気分を落ち着けるために、会社に行く前に必ずコーヒーを一杯飲んでいきます。

コーヒーはダイエットにも効果があるらしく、コーヒーを飲むと脂肪が分解され、血中に脂肪酸として放出されます。
その時に運動をすれば脂肪が燃えて、ダイエットの効果が得られるようです。

コーヒーダイエットというのは、運動をする前にコーヒーを飲むようにするというダイエットです。
スポーツクラブなどに行く前とか、これからお買い物に行くのに歩くとかいう前にコーヒーを1杯飲んでいくというのもいいでしょう。

お風呂の前に飲むのもいいようです。あと、掃除を始める前に飲むのもいいかもしれませんね。

コーヒーには精神安定効果もあるので、ダイエットするときにはいいかもしれません。

おやつを食べたくなったらとか、決まった時間に自分の好きな音楽を聴きながら飲むとか、リラックスタイムを作ってみるのもいいですね。
といっても、私がコーヒー好きだからですけど。

コーヒーのカフェインが脂肪を燃焼する助けをしているので、紅茶でも同じような効果があります。
コーヒーがニガテ。。という人は、紅茶でもOKなんです。

あと、コーヒーにはミルクと砂糖を入れるのが大好きという方も要注意です。砂糖とミルクはカロリーがあるので、たくさん飲むと逆に太ってしまうかもしれません。

朝バナナダイエットと便秘

朝バナナダイエットは、朝にバナナを食べて、昼食と夕食は好きなものを食べておやつも食べていいというダイエット方法。
もう、新しいダイエット法に敏感な人は知ってますよね。

私も、1ヶ月くらい朝バナナダイエットを試してみました。

バナナが大好きで、朝もおやつもバナナを食べてました。

これが結構ダイエット効果があるようで、しかも、バナナに含まれる酵素が、エネルギー代謝を良くして、さらに不溶性食物繊維が豊富なので便秘にも効果があるみたいです。

体験者の中には便秘が改善されたという方もいました。

ビタミンB群も豊富なので脂質や糖質の代謝も促してくれるんだって。

バナナは優秀なダイエット食品だと思います。お勧めです!

肩こりと水泳

肩こりを解消するために運動するなら、有酸素運動が良いようです。ウォーキングやジョギング、水泳などです。

特に水泳は、肩をまわす運動が多いので、肩のまわりの筋肉がほぐれるようです。

水の中でただ肩をまわすだけでも、スッキリします。
しかも、水の中は、浮力をりようして運動できるので、体重による負荷が体にかからないので、安心して運動できます。

水の中に居ると、リラックスできますので、ストレス解消にも役立ちます。
泳げない人も、水の中を歩いたりすれば、短い時間でもいい運動になると思うので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

体力の無い人は、最初は少しずつ水に慣らしていくと良いようです。
いきなり長い間水の中で運動していると、体調をくずしてしまうかもしれません。

PMSと運動

PMSで、腰痛や下半身の違和感、肩こりなど、体に症状があるとき、適度な運動を行うと効果的です。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や、ゆっくりした動きが中心の太極拳やヨガのようなものもPMSに効果的とされます。

運動の頻度はできるだけ毎日がよく、ハードなものではなく、軽い運動を定期的に、リラックスして行えることが大切です。

運動の前後にはマッサージやストレッチを取り入れると一層効果があります。

PMSで腰や肩が痛くなる原因は、その部分の筋肉が不足しているからで、筋肉量をアップさせると痛みの予防になってきます。

バストケア

バストケアを心がけると同時に、マッサージなどのときに、病気のチェックもしましょう。

ただし、しこりが見つかったからと言って全てが乳ガンである訳ではありません。良性のしこりのときである方が多いようです。

勝手に判断して、問題ないと思い込まないようにしましょう。万が一の場合、治療などは早いほうがいいです。

バストケアの時に触るのみでなく、定期的に婦人科へ行き定期検診を受ける事も必要です。

自己診断ではできないマンモグラフィーや超音波検査などをして異常が無いか検査しましょう。

万が一乳ガンであったときでも、早期発見であれば治癒率も高いので安心して治療を始める事もできます。

こういったバストケアをすることは、自分の身体を知ると言う事でもあります。