冷え性

冷えの原因は、文明の発達によるもので、便利な家電製品が普及したりして生活習慣が変わったことが要因だと考えられているそうです。

エアコンが普及することによって、必要以上にカラダを冷やしてしまったり、冷蔵庫ができたことにより、季節に関係なく冷たい飲み物や食べ物が摂れるようになったことによって、胃や腸はどんどん冷やされていく状態になっていまっています。

交通手段が発達して、あまり歩くことがなくなって、運動不足の人が増え、血行が悪くなったり体温も下がったりしているんだそうです。

冷えの改善法としては、温かくすることです。

温める治療はほとんどの症状を緩和するといわれているんだそうですよ。

例えば、入浴法で体温を上げるには、自分の体温に対して、2℃~3℃くらい高いお湯に約30分間浸かる方法です。

また、カイロを使った方法も効果的で、仙骨のあたりりにカイロを貼るという方法です。

仙骨のあたりは副交感神経の中枢があるところで、ここを温めることにより、副交感神経が活性化して毛細血管が平尾手全身の血行を良くします。

ショウガ湯

サプリメントは最近、自然食品を基本にしているものが多く、その中でもショウガをベースにしているものがたくさんあります。
ショウガ湯はショウガの香り漂う温かいスープで、ショウガによって体を温めることができますが、ショウガ湯として、飲みやすく体によくなります。
ショウガの効能はネットなどにたくさん書いてありますが、一番有名なのが冷え症です。
ショウガ湯を飲むことによって、体の中が温かくなります。

普通ののスーパーなどでもショウガ湯を売っていますよね。

ショウガ湯そのものは昔からよく飲まれていて、ショウガを切ったものを砂糖湯に入れるだけでも冷え症には効能がありました。

ショウガの味は好みがあって、嫌いな人にはショウガ湯ではなくて、サプリになったものもあります。

ショウガはおろしたてのものが一番効果があるのですが、毎日それを用意するのは大変ですよね。

市販のショウガ湯は、おろしたての香りを出すかと言うことにこだわったものもあって、香りのよいものもあります。

頭痛のセルフケア

頭痛を防ぐには、規則正しい生活を送ることが大事です。

なるべくストレスや疲れをためないように、その日で解消してしまう方法を見つけましょう。

また、食事もしっかりと摂って、なるべくたっぷりと睡眠を取るようにします。

お酒を飲みすぎるのもよくないので、心当たりのある人は気をつけましょう。

片頭痛には、マグネシウムやビタミンB2の補給が効果的なと気があります。

たまごや、納豆、ナッツ類にたくさん含まれています。

頭痛が気になると言う人は普段から積極的に摂るといいようです。

ですが、どうしても頭痛になってしまうときもあるので、頭痛薬を常備しておくのもおすすめです。

頭痛薬があることが安心感につながり、予防になるかもしれません。

目の老化

目の老化は、加齢とともに誰でもなることですが、日常の生活を注意することによって予防ができます。

目に良い成分としてアントシアニンがあげられますが、ブルーベリーなどにたくさん含まれています。これらは、歳を取るとともにカラダのなかから減少するものなので、積極的に摂るようにすると良いです。

目の症状は老化だけではなくて、何らかの質病によっるものもあります。

糖尿病患者は、糖尿病性網膜症などがその代表で、メタボリックシンドロームから、失明する可能性があります。

目の老化予防には血糖値や血圧、コレステロール値などにも注意した方がいいようです。

また、紫外線を浴びることでもダメージを受けます。このため、外出時には、UVカットのメガネを利用することで防げます。

冷え性のタイプ

冷え性って、意外とその人によってタイプがあるようです。

ほとんどは、冷え性が下半身に出るタイプかと思います。

足や腰が冷えて、腎臓や膀胱、あるいは高血圧、糖尿病を併発することもあると言われます。

全身に寒さを感じるといった冷え性が全身に広がっているタイプは、内臓の機能が低下しているので、風邪を引きやすくなったり、疲れやすかったり、消化がうまく行かないといった特徴があります。

冷え性なのに手足がほてり顔はのぼせるというタイプもあるんだそうです。これは症状としては不眠、肩こり、生理不順などがあります。

他に、冷えから自律神経にダメージを受けて、だるかったり自律神経失調症などを起こし、うつ病など精神的な病に発展することが多い気冷えタイプ、血行が悪くなって肌荒れや目のクマ、爪の異常を起こす血行不良タイプもあります。

危ない便秘

便秘は、不快な症状には悩まされている人は多いですが、それによって命の危険にさらされるということはあまりないですよね。

ですが、同じ便秘でも、何かの病気によって起こっているものは、危険なものもあるので、治療が必要となるものもあります。

ですが、スムーズに排便ができないからといって全部が病気ではないので、それを見分ける方法はあるのでしょうか。

こういった場合、例えば一つの目安になるのが、便の色や形です。

血が混じっているというのはもちろんですが、粘液が混じっていたり、やけに黒かったり、赤い便・灰色の便というのも異常があると思われるので、病院で検査してもらいましょう。
形の整わない便が出る、便が細くなる、強い腹痛や嘔吐の有無というのもチェックしたいポイントです。

関節痛のセルフケア

関節痛のケアはまずひざや股関節への負担を減らすことです。
とくに大事なのは体重のコントロールです。
体重が5kg増えると、関節にかかる重さは15kgも増えるんだそうです。
なので、適正な体重をキープするように気をつけることが大事です。
トイレは和式よりも様式を使ったり、正座は避けるなど関節を痛めない動作をしましょう。
体重のコントロールや、ありの筋肉を鍛えるために、おすすめなのがプールの中で歩くことです。
浮力で、関節の負担を少なくして筋肉を鍛えることができます。
痛みが軽いうちに、コンドロイチンやビタミンB群が含まれている内服薬を飲んで、カラダの内側からの改善も心がけるといいです。

胃のトラブル予防

胃は、ストレスの影響を受けやすいといわれています。
そのため、リラックスする時間を作ることは、胃のトラブルには効果的です。
気分転換をして心もカラダも軽くします。
また、胃のためには、食生活も大事です。
暴飲暴食はもちろんダメです。
お酒を飲んだ次の日の朝は、軽い胃炎といえるくらい胃が荒れているんだそうです。
また、香辛料やカフェイン、脂肪分などの摂り過ぎも胃に良くないです。

脳のアンチエイジング

老化は、当然ですが、脳にも現れます。
脳の老化を防ぐためには、リラックスさせてあげることも大事です。
林浴などを行うことによって、脳をリフレッシュして、アンチエイジング効果があるそうです。
脳を活発に働かせることも大事で、ちょっとした足し算や引き算などを暗算でやってみたりすることもいいです。

特に効果的なのがお料理と言われています。
お料理は一度にいろんなことを考えながらやるので、脳が活性化されるんだそうです。
料理の手順を考えたり、分量を測ったりしながら、手元は常に動いていますよね。
千切りなんて、とっても細かい作業です。
同じ料理をローテーションするのではなく、常に新しいメニューにチャレンジすると言うのも脳を活性化させるのにいいかもしれません。
その他、友達と話したりといったコミュニケーションも脳を老化させるのを防ぐそうですよ。

顎関節症とは

顎関節症は、アゴが痛かったり、口を開けるたびにアゴの音がなるという症状です。
症状は子どもからお年寄りまで現れ、20~30代の女性に多いといわれています。
痛みのほかに、低いゴリゴリという音や、口を開けるとガクンというような音がするという2つのタイプが多いようです。

原因は、その人によって違い、さらに症状にも違いがあります。
症状や分類の診断は、エックス線撮影法やMRIなどで調べて、合わせて顎運動検査、関節鏡による診断も行われます。
治療は、症状にあわせて方法がいろいろあり、顎関節症の原因になっているものを特定して、改善するための治療が行われます。