浴室の掃除

体や頭を洗う浴室は、皮脂汚れ、湯あかやばい菌も残って、カビが発生しやすくなります。

まずは、入浴した後は、3時間以上換気扇を回して、湿気がこもるのを防ぎましょう。

浴槽や壁や床などの湯あか、皮脂汚れ、石鹸カスなどは、お風呂専用の洗剤を使って洗い流します。
お風呂専用の洗剤は、汚れを落とすだけでなく、除菌や防カビ効果もあります。

こするだけで簡単におとせそうな小さな黒カビなどは、しつこいカビ汚れになる信号です。

手でこするだけでなく、カビ取り剤を使って早めに掃除しましょう。

お酢の意外な使用方法

お酢って意外と使えるんです!

お酢は洗濯物の黄ばみを落としてもくれて、黄ばむのを防いでもくれるんです。
すすぎの時に入れても、洗うときに入れてもいいです。

衣替えをしてしばらく着ないという衣類を洗うときにお酢をちょっと入れて選択すると、次に取り出したときに黄ばんでいるということも少ないみたいです。

そのほか、お酢には色を止めておく効果がありますので、ジーンズなどの色落ちを防いでくれます。洗濯をする時に一緒に入れてみましょう。

ちゃんと洗っていても、なんとなく嫌なにおいが残ってしまうという時は、これも、酢水にしばらくつけて置いてから洗うと、酢の持っている殺菌作用は脱臭の効果もあって、嫌な臭いがしません。